【超簡単】YouTubeの再生回数を伸ばす、2つのポイントとは?

YouTube運営

今回は、YouTubeで再生回数を増やすために考えるポイントをご紹介します。

YouTubeで再生回数を増やすコツは2つだけ

さっそく結論ですが、YouTubeで再生回数を増やすためには、以下の2つが一番大切です!

  • 表示回数を増やす
  • クリック率を上げる

「表示回数を増やす」とは、YouTubeユーザーに自分の動画をおすすめとして表示させる回数を増やすことです。
また、「クリック率を上げる」とは、その表示された動画を実際にクリックして見てもらう割合を増やすことです。

ようは、「たくさん表示させて、たくさんクリックしてもらう」
当たり前のようですが、この2つさえきちんと実践すれば、かならずあなたの動画の再生回数は伸びていきます!

大前提…「未登録者」を狙うのが大事!

まず上記2つの点を説明する前に、知っておきたいコツをお話しします。

それは、YouTube動画で再生回数を伸ばすなら実は、「チャンネル登録者に見てもらう」よりも「チャンネル未登録者の視聴を増やすことを考える」ことの方が大切だということです!

なんで「未登録者の再生回数」を伸ばす方がいいの?

「えー! 動画は、チャンネル登録者が見てくれてるから伸びるんじゃないのー!?」と思われそうですが、以下のグラフをご覧ください!

このグラフは、ある動画の「チャンネル登録者」と「チャンネル未登録者」の人の割合です。

これを見るとなんと、動画の8割は「未登録の人」が占めていることが分かります! すごく意外ですよね。
動画再生回数は「チャンネル登録者」の再生回数に支えられていると思いきや、それは、たったの2割だけだったのです。

つまり2割を占める部分の再生回数を増やすよりも、8割の再生回数を伸ばした方が、再生回数が伸びることがお分かりいただけるかと思います。
あなたのことを知らない(チャンネル登録をしていない)人に、いかにたくさん動画をみてもらうか」を常に考えることが、動画の再生回数を増やすうえで重要なのです!

ちなみに、実は順調に伸びているチャンネルの多くは、同じく「8対2くらいの割合」で未登録の人が動画を見ていることが多いです
これが「6:4」だとか、「5:5」だとかになってきてしまうと、おそらくチャンネルの再生回数はおろか、チャンネル登録者の勢いもどんどん衰えることになってしまいますので、ぜひ一度自分のチャンネルの割合を一度見てみてくださいね。

YouTubeの視聴者はどこから来る?

これを踏まえたうえで、つぎに「YouTubeの視聴者はどこから来るのか」を確認していきましょう!

こちらも、私たちのYouTubeチャンネルのデータです。

これを見ると、「ブラウジング機能」と「関連動画」で合計80%ほどもありますね。ほとんどの視聴者はここから来ていることがわかります。

ちなみに、ブラウジング機能とは、YouTubeのホーム画面(トップページ)と呼ばれる、サイトを開いてすぐの画面のことです。
関連動画とは、ある動画を視聴しているときに横に出てくるおすすめ動画です。

ブラウジング

関連動画

これらは、ユーザーの好みに応じてYouTubeが自動的に動画を選んで、ユーザーに「この動画も見てみませんか?」とおすすめしている場所です。

つまり、YouTubeで再生回数を増やすために重要なのは、「チャンネル未登録者のユーザーのブラウジング機能と関連動画に自分の動画がより多く表示され、より多くクリックしてもらう」ということなのです!

表示回数を増やすための方法

さて、ここまで「チャンネル未登録者を狙う」ことと、「ブラウジングと関連に乗る」ことが大切という話をしました。
ここからは具体的な増やし方をご紹介します!

まずは「表示回数を増やす(ブラウジングと関連に乗る)方法」です。

これについては、【YouTubeにどういう動画なのか把握してもらうため】に、「タイトル、サムネイル、説明欄、タグの内容を一致させる」ということを意識すればOKです。

YouTubeに動画の種類を教える…?

さきほど【YouTubeにどういう動画なのか把握してもらうため】と言いました。

おとこのこ
どんな動画か把握してもらうってどういうことー??

YouTubeを見ていると、自分の好みに合った動画がおすすめされることがよくありませんか

わたしのYouTubeのホーム画面にはいっつも動物関係が並んでいます(笑)

なんでこんなことが起こるのかというと、これはYouTubeが、その人の好みを、把握しているからです。

そのため、グルメ好きなユーザーにはグルメの動画をおすすめして、動物好きなユーザーには動物の動画をおすすめしたりしているんですね。(これをYouTube内では「アルゴリズム」と言います)

ということは?
あなたの動画も、YouTubeにおススメしてもらうには、まずは「いったい、どういう動画なのか?」を正しく理解してもらう必要があるということです!

例えば、「食べ歩き」の動画を作ったとしましょう。
なのに、タイトルに「食べ歩き」といったグルメ系のワードを入れずに「初めての原宿がすっごく楽しかった!」といったタイトルにしてしまったとします。

すると、YouTube的には「あれ? これ、旅行の動画でっか…?(困惑)」となってしまうわけです。
食べ歩きの動画なのに、旅行関連に載せられちゃあ、ダメですよね。

そういったミスを防ぎ、YouTubeにしっかりと「これは食べ歩きの動画だよ」と伝える方法として「タイトル、サムネイル、説明欄、タグの内容を一致させる」という方法があるのです!

なので、先ほどの例では正しくは、

タイトル:原宿で食べ歩き!
サムネイル:食べている様子
説明欄:今日は新宿で食べ歩きをしてきました!

といった具合にするのがベストです。

そうやって全部に同じキーワードを入れることで、YouTubeも「あ、食べ歩きの動画なのね! 食べ歩きの関連で出すようにするね!」と理解してくれるというわけです。

なので、まずは「どういう人に見られたいのか?」「どういう動画の関連にのりたいのか?」を考え、【タイトル、サムネイル、説明欄、タグの内容を一致させる】ことを意識してみてくださいね!

▼さらに詳しい解説はコチラ!

【YouTube裏ワザ】他人の「関連動画」に乗れば、再生回数は伸びる!

2019年9月6日

クリック率を上げるための方法

次に、クリック率を上げるための方法についてですが、それは「ついその動画をクリックしたいと思えるか」ということです!

これには、タイトルとサムネイルの設定が重要です。

例えばタイトル。
あなたがラーメン巡りをしている女性YouTuberだとして、あるラーメン屋さんのレポ動画をアップするとします。

タイトル
お気に入りのラーメン屋さんに行ってきました!
よりも、
タイトル
OLの私でも本気を出したら全マシマシが完食できるか?
の方がインパクトがあると思いませんか?

こんな感じで、あなたのことを知らない人でも「ちょっと気になるな」と思わせるようなタイトルの方が、格段にクリックする確率があがります。

これはサムネイルも同じです。

特に、サムネイルはパッと見たときの印象を左右するのでクリック率に大きくかかわってきます! どういう画像にするか、どういう文字入れにするか、よく考えて設定しましょう。

タイトルやサムネイルはたいへん奥が深いです。完全な正解はないですし、こうすれば必ず伸びるという裏技もありません。自分でトライ&エラーを繰り返して、改善していくしかありません。

ぜひ【ついその動画をクリックしたいと思えるか】を意識して、タイトルとサムネイル作りをしてみてください。

▼さらに詳しい解説はコチラ!

【内緒にしたい】絶対伸びる「YouTubeサムネ、タイトル」の付け方!

2019年9月22日

SEOを意識したタイトルは必要ない

「タイトルにSEO(検索流入)を意識する必要はあるか」というのは多くの人が悩むポイントです。

しかし、冒頭でもあったように検索で動画を見る人は全体のわずか3%です。あまりキーワードを意識しすぎるとタイトルがごちゃごちゃしてしまうので、クリック率がよけいに下がることになりかねません。

「クリックしたくなるタイトルか?」を第一に考えて、余裕がありそうならキーワードも入れてみるようにしましょう。

さいごに

ここまでYouTubeで再生回数を増やすコツについて、2つのポイントを解説してきました。YouTubeチャンネルを伸ばす具体的な方法は、また次の投稿でご紹介します。

まとめ
  • YouTubeの再生回数を増やすためには、動画の「表示回数を増やす」ことと「クリック率」を上げることが重要。
  • さらに、チャンネル未登録者にたくさん見てもらえるように意識する。
  • 表示回数を増やすためには、「どういう人に見られたいのか?」「どういう動画の関連にのりたいのか?」を考え、【タイトル、サムネイル、説明欄、タグの内容を一致させる】こと。
  • クリック率を上げるためには、【ついその動画をクリックしたいと思えるか】を意識してタイトルとサムネイルを設定すること。

関連記事