YouTubeで再生回数を増やすコツは2つだけ

YouTube運営

今回は、YouTubeで再生回数を増やすために考えるポイントをご紹介します。

YouTubeで再生回数を増やすコツは2つだけ

YouTubeで再生回数を増やすためには、以下の2つがたいせつです。

  • 表示回数を増やす
  • クリック率を上げる

「表示回数を増やす」とは、YouTubeユーザーに自分の動画をおすすめとして表示させる回数を増やすことです。
また、「クリック率を上げる」とは、その表示された動画を実際にクリックして見てもらう割合を増やすことです。

わたなべ夫婦
「たくさん表示させて、たくさんクリックしてもらう」
当たり前のようですが、この2つをきちんと実践すればあなたの動画の再生回数はきっと伸びていきます。

未登録者の再生回数を伸ばすことが重要

このグラフは、ある期間における動画の視聴回数に占める、チャンネル登録済の人と未登録の人の割合です。

これを見ると、動画の8割は未登録の人が視聴していることがわかると思います。
私たちは順調に伸びているチャンネルの多くは、8対2くらいの割合で未登録の人が動画を見ていると考えています。

つまり「あなたのことを知らない(チャンネル登録をしていない)人に、いかにたくさん動画をみてもらうか」を常に考えることが、動画の再生回数を増やすうえで重要なのです。

YouTubeの視聴者はどこから来る?

これを踏まえたうえで、つぎに「YouTubeの視聴者はどこから来るのか」を確認していきましょう。

こちらも、私たちのYouTubeチャンネルのデータです。

これを見ると、「ブラウジング機能」と「関連動画」で合計80%ほどもあり、ほとんどの視聴者はここから来ていることがわかります。

ブラウジング機能とは、YouTubeのホーム画面(トップページ)と呼ばれる、サイトを開いてすぐの画面です。
関連動画とは、ある動画を視聴しているときに横に出てくるおすすめ動画です。

ブラウジング

関連動画

これらは、ユーザーの好みに応じてYouTubeが自動的に動画を選んで、ユーザーに「この動画も見てみませんか?」とおすすめしている場所です。

みなさんも、YouTubeにたまたま表示された動画が気になって、ついクリックして見てしまうことはありませんか?

つまり、YouTubeで再生回数を増やすために重要なのは、「チャンネル未登録者のユーザーのブラウジング機能と関連動画に自分の動画がより多く表示され、より多くクリックしてもらう」ということなのです。

わたなべ夫婦
私たちの実際のデータを例に出しましたが、他のYouTuberの方もほとんど同じ傾向だそうです。

表示回数を増やすための方法

ここからは、表示回数を増やす方法について、たいせつなポイントを解説します。

それは「タイトル、サムネイル、説明欄、タグの内容を一致させる」ということです。

YouTubeは、グルメ好きなユーザーにはグルメの動画をおすすめして、動物好きなユーザーには動物の動画をおすすめします。そのため、あなたの動画がどういう動画なのか、正しくYouTubeに理解してもらう必要があります。

いわゆる”釣り動画”などで視聴回数を稼ごうと思っても、期待外れの動画を見た視聴者はすぐに動画を消してしまいます。すると、YouTubeは「この動画はユーザーの好みに合わない」と判断して、どんどんおすすめの表示から遠ざけてしまうのです。
※釣り動画=動画の中身が全く違うのに、タイトルやサムネイルだけ過激にして視聴回数を稼ぐやり方。例えば「スマホゲームに100万円課金した!」と言いながら、実際は課金していないなど。

ぜひ「どういう人に見られたいのか?」「どういう動画の関連にのりたいのか?」を考え、【タイトル、サムネイル、説明欄、タグの内容を一致させる】ことを意識して、動画作りをしてみてください。

表示回数を増やすもっと具体的な方法は、また次の記事でご紹介します。

【データ有】YouTubeで自分の動画の表示回数を増やす方法

2019年9月6日
本当は内緒にしたいポイント

実は、YouTubeの動画の評価では「総再生時間」が重視されています。
つまり、より長い時間再生されている動画をYouTubeは「良い動画だ」と判断する傾向が強いということです。

全体が3分しかない動画よりも、10分できちんと見られている動画の方がYouTubeは好みます。(もちろん、10分の動画を作っても、内容が薄くて平均1分しか見られていなければ逆効果です)

短い動画ばかり上げている方は、もう少し長い動画を作ってみることを考えてもいいかもしれません。

クリック率を上げるための方法

次に、クリック率を上げるための方法について、たいせつなポイントを解説します。

それは「ついその動画をクリックしたいと思えるか」ということです。これには、タイトルとサムネイルの設定が重要です。

例えばタイトル。
あなたがラーメン巡りをしている女性YouTuberだとして、あるラーメン屋さんのレポ動画をアップするとします。

タイトル
お気に入りのラーメン屋さんに行ってきました!
よりも、
タイトル
OLの私でも本気を出したら全マシマシが完食できるか?
の方がインパクトがあり、あなたのことを知らない人でも「ちょっと気になるな」とクリックする確率があがります。

これはサムネイルも同じです。特に、サムネイルはパッと見たときの印象を左右するのでクリック率に大きくかかわってきます。どういう画像にするか、どういう文字入れにするか、よく考えて設定しましょう。

タイトルやサムネイルはたいへん奥が深いです。完全な正解はないですし、こうすれば必ず伸びるという裏技もありません。自分でトライ&エラーを繰り返して、改善していくしかありません。

ぜひ【ついその動画をクリックしたいと思えるか】を意識して、タイトルとサムネイル作りをしてみてください。

SEOを意識したタイトルは必要ない

「タイトルにSEO(検索流入)を意識する必要はあるか」というのは多くの人が悩むポイントです。

しかし、冒頭でもあったように検索で動画を見る人は全体のわずか3%です。あまりキーワードを意識しすぎるとタイトルがごちゃごちゃしてしまうので、クリック率がよけいに下がることになりかねません。

「クリックしたくなるタイトルか?」を第一に考えて、余裕がありそうならキーワードも入れてみるようにしましょう。

さいごに

ここまでYouTubeで再生回数を増やすコツについて、2つのポイントを解説してきました。YouTubeチャンネルを伸ばす具体的な方法は、また次の投稿でご紹介します。

まとめ
  • YouTubeの再生回数を増やすためには、動画の「表示回数を増やす」ことと「クリック率」を上げることが重要。
  • さらに、チャンネル未登録者にたくさん見てもらえるように意識する。
  • 表示回数を増やすためには、「どういう人に見られたいのか?」「どういう動画の関連にのりたいのか?」を考え、【タイトル、サムネイル、説明欄、タグの内容を一致させる】こと。
  • クリック率を上げるためには、【ついその動画をクリックしたいと思えるか】を意識してタイトルとサムネイルを設定すること。

関連記事