うまくいっているように見える人って、意外とそうじゃないと思う。

コラム

昨日、久しぶりに仲良しの
YouTuber夫婦とオンライン飲みをして、

ふと改めて思ったことがあったので
つづろうと思います。

 

私たち夫婦はYouTubeをはじめてから
約1年で登録者数10万人を達成しました。

もともと”完全無名”にしては、
チャンネルの成長は早かったと思います。

もちろん、もっと早い方もいるので、
自慢したいわけではありません(笑)

 

ただ、そうして
一気に成長したので傍から見れば、

かなりうまくいっているような1年
を過ごしてきました。

 

たくさんの方から

「毎日幸せそうで羨ましい」
「いつも楽しそう」

といったお言葉を頂戴しました。

確かに、幸せで楽しいことも多かったです。

 

でも、本当のことを言うと、
YouTubeを初めてから最初の1年間は
苦しいことの方が多かった…。

というのが本音です。

当時は全然羨ましがられるような、
キラキラな精神状態ではありませんでした。

YouTubeを開設した最初の1年

本当は私、目立つのが苦手です…。

極力、人の前に出たくありません(^^;
注目されると、逃げ出したくなっちゃいます。

なのにYouTubeが職業なんです(笑)

当時、開設したチャンネルは
冒頭でも書いた通り、

自分が予想した以上のスピードで
成長していきました。

本来なら、
こうしてどんどんチャンネルが成長するって、
嬉しいことに違いありません。

もしかしたら人様からは「成功」として
妬まれるようなことだったのかもしれません。

 

でも、注目されるのが苦手だった私は、

当初、目立てば目立つほど、
チャンネルが成長すればするほど、
困惑していました。

もっと少しずつ、
チャンネルは成長するものと思っていたから、

とあるバズで
一気に知らない人から注目されて、

同時に赤の他人から
謎の批判も浴びせられるようになった結果、

私は、パンクしました(笑)

 

実はこのとき、夫婦で会議をして
「YouTubeはあと1年で辞める」
と決めていたほど病んでいましたw

なので、いろんな人からは
「うまくいっている」と思われてましたが、

ホントは違いました。

全部いまくいってる人なんていない

そんなとき、
はあちゅうさんのTwitterで
こんな記事を発見↓

ちょうどしんどかった時期に
見たTwitterだったので、
とてもよく共感したのを覚えています。

全部うまくいってる人なんて、いない。

これを読んで、

あ、よかった。たとえ妬まれたって、
うまくいってないのは私だけじゃなくて、
みんなそうなんだ…!

と安心したんです。

 

結局、
こういう体験をしたからこそ私は、

羨ましいと思われている人も
「本当はそんなに幸せの絶頂ではない」
ことがほとんどなんだって知りました。

 

昨日一緒に飲んだ夫婦だって、
とってもうまくいってるように見えてました。

でも話を聞いてみれば、
色々大変そうだな、と思うことが多くて。

そういう話を聞いてるうちに、

やっぱり全部がうまくいってる人って
いないんだなぁ。

とふと改めて思いました。

 

同時に、
自分も同じ経験をしてたくせに、
先に気づいてあげられなかったことが、
なんだか残念に思えてしまって…(^^;

 

だから、今度からは

うまくいっているように見える人にこそ
本当は大丈夫なのか、

気にかけてあげられる大人になりたいなぁ、
と思ったのでした。

ちなみに

ちなみに、今回の記事で
「YouTubeあと1年で辞める」
という話を書きましたが、

これはあくまでも昔した決断で、
今は撤回されたのでご安心ください(^^;w

というのもその決断のあと、

「本当に作りたい動画だけを作るぞ!」
と、テイストやテーマを変えてみたんです。

そしたら、それが意外と功を成して
「結婚って良いな」
「日常のふとした瞬間の幸せを感じられる」
といったコメントが増え、

どんどん見てほしい人に
見てもらえるようになり、

そうしてはじめてYouTubeの楽しさ、
自分が動画を作る意義に気づきました。

 

なので今は、
「あと1年」という決まりは撤廃して、
やれるところまで続けていく予定です。

 

いまだに大きく
注目されることには慣れませんが、

最近は変なアンチも減り、
逆に素敵な方ばかりに見ていただけて、
幸せな日々を過ごせています。

だから、心配しないでくださいね。

 

それでは!

関連記事