転職はあまり相談しない方がいい【自分で決めよう】

仕事・転職
だいき
こんにちは、だいきです。

今回は、「転職すべきかどうか」はあまり他人に相談せずに自分で決めるべきというお話をします。

「転職したほうがいいのかな?」「それとも、もうちょっと頑張った方がいいのかな」と悩んでいる方は、ぜひ読み進めてください。

「転職すべきかどうか」はあなたにしかわからない

あなたが「転職すべきかどうか」というのは、残念ながら他人に聞いても的確なアドバイスがもらえないからです。

「自分の人生なんだから自分で決めましょう」というのが本記事の結論なのですが、それでは内容が終わってしまうので、もう少し深堀りしたいと思います。

人は、自分の経験でしか物事が考えられない

大半の人は、自分の経験をベースに物事を考えます。

なので、あなたがどのような理由で転職に悩んでいたとしても、その相談相手は自分自身の経験をもとにアドバイスをしようとしてきます。つまり、誰に相談するかによって、その答えは相談する前から決まっているということです。


たとえば、あなたが会社員2年目の営業マンで、転職を考えているとします。
以下の4人に「転職するべきかどうか」を相談してみたら、どんなアドバイスが返ってくるでしょうか。

会社の上司

会社の上司
まだ2年だろ?そんなに短い期間じゃ会社や仕事のことなんて全然わからないぞ。今はつらいかもしれないけど、みんな最初はそういうもんだ。ここで頑張らないと、また転職した先でも苦労するんじゃないか?


せっかく頑張って入社できたのに、辞めちゃって大丈夫か?どうしても辞めたいなら仕方ないけど…もう転職先は決めたの?福利厚生もしっかりした会社にしないと、将来家族ができたら大変だぞ。

友人(転職経験なし)

友人(転職経験なし)
いいなー俺も辞めたいよ。でも、転職して失敗したとか、給料下がったとか聞いたことあるし、まあ不安よな。というか、俺はそもそも怖くて上司に辞めますとか言えないわ(笑)

友人(転職経験あり)

友人(転職経験あり)
辞めたいと思ったなら、全然転職はありだと思うよ。ぼくも転職してよかったと思ってるし。たしかに最初は怖かったけど、やってみたら意外となんでもなかったよ。

ぼくの体験談にもとづく空想のコメントですが、わりとよくある回答になっているのかなと思います。
ポイントは、みんな自分の経験や考え方に従って、言いたいことを言っているだけということです。誰もあなたの気持ちや立場を踏まえて、客観的にアドバイスしようとはしていません。

なので、上司に相談したらたいていは「もうちょっと頑張れ」となるでしょうし、転職経験のある友人に話したら「転職してみたらいいんじゃない?」という話になります。だって、上司はひとつの会社に勤め上げる人生を送ってきたし、友人は自分が実際に転職をしてよかったと思っているわけですから。

自分の体験が「世の中のすべて」と押し付ける人、多すぎ。

2019年9月5日

相談に頼りすぎると、わからなくなる

他人の相談に頼りすぎると、自分でどうしたらいいのかますますわからなくなってしまいます
「ある人はこう言ってるし」「またある人は別のことを言っている」と混乱してしまうからです。

また、人は悪いことやリスクのあることを嫌う傾向があります。

  • 「本当は転職したかったけど、いろいろ話をしたらやっぱり怖くなったから、とりあえずまだ働こう」
  • 「ベンチャー企業に興味があったけど、二度と大企業に戻ってこれなくなるらしいから次もそこそこ大きい会社にしておいた方がいいのかな」

こういう知り合いを実際に何人か見てきました。

本当にそうしたいと思って決めたのならいいのですが、相談を繰り返して、ネットでもたくさん調べてあれやこれやと考えた結果、「やりたいと思ったこと」ではなく「リスクを避けること」を優先してしまうようになったとしたら…残念なことだと思います。

相談するなら参考程度に

もちろん、親しい人に話を聞いてもらいたいときもあると思うし、自分の悩みを言葉に出してみることで考えや気持ちが整理できたりすることもあると思います。

あるいは、転職経験のある人に「転職してよかったこと・悪かったこと」を聞けば、転職の注意点や転職後のこともイメージできるかもしれません。逆に、上司や先輩に相談すれば、その会社でもっと楽しく働くコツがわかるかもしれません。

そういう意味では、転職を周りの人に相談してみるというのはOKです。

ただ、そこで言われたことというのはくれぐれも「参考程度に」しておくのがいいです。
その人のやり方や考え方が絶対に正しいというのは本来ないですし、結局、「あなたは何を信じて決断するのか」に尽きるわけです。

自分がどうすべきかは、誰も教えてくれません。決めるのは、あなた自身です。

転職は、人生でそれほど重要なイベントではない

ちなみに、転職経験者として言っておくと、転職は思っているほど、人生でそれほど重要なイベントではないです。

これから40年・50年と働くわけで、さらに働く先も星の数ほどあるわけで、そのうちの最初の数年で仕事を変えるとか「もはや誤差の範囲」だと思います。

そして、いま「働いている環境がよくないな」「なんか楽しくないな」「自分に合わないな」と感じているのであれば、たいていは転職をすることで解決します。

転職を考えているなら、まずはリクナビNEXTマイナビジョブ20’sなどの転職サイトやエージェントに登録して、どんな仕事があるのか、どういう条件で働きたいのかを考えてみるといいですね。

だいき
あなたが転職すべきかどうかはあなた自身が決めることですが、転職は特別なものでも「逃げ」でもなく、当たり前の手段だというのは断言できます。

さいごに

今回は、転職相談について書きました。

転職したところで、人生オワタ状態にはなりません。逆に、環境を変えるだけで、人生がガラッと楽しくなるというのはよくあります。
自分の人生、自信をもって自分で決めて、前に進みましょう。

おすすめ転職サイト
  • リクナビNEXT:最大級の転職サイトなのでとりあえず登録しておきましょう。
  • マイナビジョブ20’s:大手マイナビの20代や第二新卒専門の転職エージェントです。
  • ミイダス:自分と同じような属性の人がどんな転職をしているのか見られます。

関連記事