【失敗談】大学生で留学したときに「やっちまった」話。

生き方の話
ゆみ
今日はわたしが大学生の時に留学した話をしようと思います!

わたしは大学4年生の時に休学をして、オーストラリア(シドニー)に10カ月、滞在していました。

留学をした理由は、就活から逃げたかったから。あと、英語が喋れたらカッコよさそうだったから。というぺらっぺらな理由でした(笑)

ただ、わたしの留学生活の結論を言うと「あの時の留学は、ちょっと失敗したな」と思う、残念な結果となりました。

その理由は2つ。

  • 都市選びを失敗したこと
  • 語学力が日常レベルしか身につかなかったこと

ぜひ、わたしの経験を反面教師として、読んでやってください(笑)

失敗その① シドニーから移動できなかったこと

いちばん大きな失敗は「都市選びを間違えた」ことです。

オーストラリア、シドニーと言えば「よく聞いたことがある都市」だし、

ゆみ
なんだか大きな街で海沿いで、キラキラしてそう!!

と、行く前はとても、わくわくしたことを覚えています。

が、実際はぶっちゃけ、シド二ーは本当につまらなかったんです…!!w

まず遊ぶところが全然ない。毎回同じパブに、毎回同じクラブ。
あと、服を買うところも全然ありませんでした。

ゆみ
毎日、なにもすることが無い(笑)

全然、夢に見た大都会じゃ、ありませんでした。

当時、仲良くなった留学生(日本人)ともよく「シドニーはほんと、つまらんな。」という話をしていたことを覚えています。

彼がセブ島に行ってしまった…!

そんなある日、その彼が

おとこのこ
俺、セブ島に移動するわ!

と言い出したのです。

え!? 留学中に、国を移動するなんて、アリなん!?とめちゃくちゃ衝撃を受けました。

ゆみ
学校の費用はどうするの?

と聞くと、

おとこのこ
合わないかもしれないときのために、2か月分しか払ってない。

と言うのです。

そんな選択があったのか…!とめっちゃショックでした。

何故なら私は馬鹿正直に10か月分、すべてを支払っていたからです…。
もちろん、そういった一方的なキャンセルでは、お金は帰ってくるはずもありませんでした。

しまった…。わたしも、最初は合うか分からないから、お試しにしておくんだった…!!!

留学先でこれが一番、後悔したことでした。

結局、彼は意気揚々とセブ島へ旅立っていきました。そして、2週間後「Facebook」でサメと一緒に泳いでいる、楽しそうな写真がアップされていました(笑)

セブ島やフィジーって、めっちゃ楽しそうだった。

ちなみに、留学中には彼含め、多くの日本人が「セブの留学最高!」と言っているのを聞きました。

彼が去ったあと、逆に「セブ島」から「シドニー」に移動してきた人もたくさんいましたが、たいてい「セブ島に帰りたい!」とよく言っていました。

誰に聞いても大抵「セブ島はすごく楽しい」と言いました。毎日海で遊んでた! 韓国人のイケメンがいっぱいだった!とか(笑)

なのでもし私も、もう一度留学するなら、次は絶対にそういったアジア圏に行こうと思います。

だって、まず圧倒的に安いですし(オーストラリアの3分の1程度で済みます)、講師はみんな(アタリマエですが)英語が超ペラペラですので、実はわざわざ英語圏の学校に通う必要は無いのです。ほんと、わたしは失敗した…。

▼セブ留学にオススメの「schoolwith」
各校の口コミが乗っているサイトで、留学費用も安く、「無料個別面談」もある。使う、使わない抜きにして、とりあえず面談で色々聞くのが早いかも。

失敗その② ビジネスで使える程度の英語は身につかない

失敗その②は、「語学力」です。

わたしは留学前、相当英語が話せませんでした。
「海外にいった事はある?」と聞かれて、「韓国に行きました。」すら言えなかったんです(笑)

そんな状態でしたが、「まぁ海外いけば話せるようになるやろ」と思ってました。

結論、それは半分あたってて、半分間違ってました。

普通に生活してるだけでは英語は伸びない、っていう人もいますが、それは違う。
無理に勉強しなくたって、普通に毎日、ちょっとずつでも英語使ってれば、語学力は伸びます。

ただ、とはいえ半年とか1年で身に着けられる英語力はせいぜい、「ちょっとした日常会話」レベルが限界です。
ハッキリいって、この状態で英語を活かしてビジネスするのは、全然無理。

でも裏を返せば、元々わたしほど話せなくたって、「ちょっとした日常会話」くらいなら、誰でも身に着けられます。
要はこれをどうとるか、です。

いまのわたしは、基本的に何事においても「かけた投資分のリターンがあるか」というものの見方をします。
なので、250万円も支払って得られたリターンが「日常会話レベル」であれば、「リターンは見合ったものではない」と考えちゃうんですよね。要は、留学は「語学力」だけで考えると、相当コスパが悪いってことです。

おまけ

でも、最近は「ビジネス向けの留学」とかも出てるみたいですね。
わたしがオススメするセブ島にもありました。

▼社会人専門校のミライズ
ビジネス英語に特化した学校。校内がホテル?っていうほど綺麗。女性に良さそう。

こういう「ビジネス特化型」だったら、短期集中してやるのは、結構アリかもしれません。

といっても、良かったこともある。

でもそうはいっても、「行動力」と「決断力」そして「芯の強さ」はやっぱり留学を通したから得られたことだとは思ってますので、留学を一概に「語学力のリターン」からばかりでは、良し悪しを判断できないという側面もあります。
留学で得られたことをちょっと紹介します↓

  • 何にたいしても、簡単に一歩踏み出せるようになった。

やっぱり「留学をする」っていうこと自体、そもそも度胸がいることだから、それを一度経験しちゃうと今後は何事にも「一歩踏み出せない」ような人間ではなくなったような気がします。

留学先で印象に残っているのは、留学に来るような日本人たちが、圧倒的に「人生をより良くしよう」と前向きで行動力のある人ばかりだったことなんです。

今でもたまに留学時代の友人に合ったりしますが、やっぱり彼女たちは本当に【芯が強い】
「転職」も全然物怖じしないし、どんどん自分のキャリアを積んでます。「仕事がつまんなくて、嫌だわー」なんて文句たれてばかりの人たちとは、どこか、違う。

わたしも「転職」「独立」と一歩踏み出せた原因はもしかしたら、「留学の経験のおかげ」なのかもしれません。

  • 図太くなった(笑)

留学をしたら、とにかく(ほぼ誰でもw)気が強くなります。

原因が何なのかは、ハッキリは分かりませんが、そもそも海外に行くと、基本的に自分に超自信のある外国人に囲まれることになったことになります。
隣でばんばんTwitterに自撮りをアップしてるのを見て、「え! そんなに自分愛してるの、全面に出していいの!?」ってカルチャーショックをよく受けてました。

でも不思議なことに、なんだかそういうのを長く見ていると、わたしも別に「人にどう思われるか?」なんて気を使ったりせず、どんどん自分は自分のままで良いんだ。って思えるようになってきたんです

あと英語って「YES」か「NO」しか無いので、「YES!」「NO!」でハッキリ意思表示を続けてたことも要因かもしれません。

とにかくいろんな要因があって、留学ではどんどん自分に【芯】ができてきます。それ故、どんどん図太くなっていきます(笑)
でも、基本的には、わたしはこれをメリットだと思ってます。

迷ってるなら、やってみる。

とりあえず、「留学に行くか」迷ってる人は、ぜひ行くべきでしょう。と思います。

自分の殻が破れますよ。

そしてわたしのような失敗を防ぐためにも、「まずは語学学校は短期間で申し込んでみる」のがオススメです。

もし、「留学、あんまりおもしろくないな」と思ったら、それはあなたのせいじゃなくて、環境かもしれません。現に、わたしの友人が国を変えて、本当に楽しそうにしていたので。
だから、途中で都市や国を変えてみるのも全然アリです。

こうやって留学は「失敗しても、リカバリーがきくから大丈夫」ですよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
あなたの留学生活が素晴らしいものになるよう、祈ってます!

関連記事