バンライフってなに?ぶっちゃけ「車上生活」のことですよ。

車中泊の豆知識
わたなべ夫婦
このブログ記事では、1年間「バンライフ」をした私たちが考える「バンライフとは何か」をご紹介します!

【結論】「バンライフ」ってただの車中泊&車上生活者の事ですが?

「バンライフってなに?」
この質問に対する結論はずばり、上記タイトルにもある通り【ただの車中泊&車上生活者】のことです。

ぶっちゃけ、「車中泊」をヨコモジに変えて、ちょっとカッコよくしただけの言葉です。

1泊2日程度、ちょこっと旅に出るいわゆる「ファッションバンライフ」は単に車中泊のことで、「バンライファー」は、ただの車上生活者のこと。

1年間、バンライフをしてきた私たちは最初こそ、この事実を認めたくないのか、

昔のわたなべ夫婦
バンライフはあくまでも「ライフスタイルの事」で、バンライフをしながらお金を稼げいるのが、本物のバンライフぁあー!

などとよく分からないことを騒いでいましたが(笑)、冷静に考えて最終的に行きついた結論は、コレです。

メディアが考える「バンライフ」の意味

そもそも、今世間で話題の「バンライフ」の意味ってどんな感じなんでしょうか。
引用すると、下記の内容です。

「週末の車中泊キャンプからもう一歩進んで、日常的にバンを“動く家”にして暮らす。そんな遊牧民的ライフスタイルがバンライフであり、実践する人がバンライファーです」

サイト「BE-PAL」より引用

つまり、世間ではバンライフとは、不動産(家)を捨てて「可動式の家(バン)で生きる、新しいライフスタイルの事なんですよ」ってことです。

ぶっちゃけ、これって「車上生活者と何が違うの?」ってかんじですが結論、変わりません。同じです。

「車中泊旅」と「バンライフ(車上生活)」の違い

ちなみに、「車中泊旅」と「バンライフ(車上生活)」の違いって何でしょうか。

それは「帰る家があるかどうか」です。
帰る家がある時点で、それは「車中泊で旅をしているだけ」です。

だから、海外で流行りの「おしゃれな内装の車」を使って旅に出ることもなぜか、メディアは「バンライフ」と言いますが、それは間違いですよ。
インスタ映えしようがしなかろうが、全部ひっくるめて、それはただの「車中泊旅」です。

一方で、過去の私たちのように、家も捨てて、帰る場所すらない放浪状態。
これを本物の「バンライフ、車上生活」と言います。

「バンライフ」には、必ず終わりが無ければならない。

つまり世間はその放浪を「バンライフ」なんてカッコよくいってますが、正直、バンライフをずっと続ける、なんてことは相当ヤバい事なんですよ(笑)

だから、そんな生活には必ず「終わり」をつけないと、ダメなんです。

そもそも、日本の制度で「バンライフ」を続けるのは不可能

加えてそもそも、大前提として日本で生きていこうとするなら「住所不定」として生きていくことは不可能です。

実際「バンライフ」や「アドレスホッパー」で日本全国をふらふら旅をする人の中には、住所を「実家」や「友人、知人の家」に置いている方が大半です。
本当に完璧に「住所不定」の人にはあったことが無いです。

そして完璧に「住所不定」にしてしまうと、税金等々の支払いを滞ることになります。
これは立派な、義務違反なわけで。

だから「バンライフ!新しいライフスタイル!」と世間があおったとしても、ぶっちゃけ「じゃあいろんな法律に関してはどうすんの?」という問題が出てきます。
そして現時点では、誰にもこの問題を解決出来ません。

だから日本に住んでいる限り、本物の(?)「住所不定なバンライファー」には今のところ、なれそうにありません。
というか、なってはダメなのです。

【新定義】私たちが考える「バンライフ」とは。

さて、ここまで「バンライフとは帰る家が無い車上生活のことで、そんな生活には区切りが無ければならない」という話をしました。

とはいえ、私たちは実際にバンライフをした1年間で、かなり成長しました。
バンライフをしなければ、知らなかった気づきもたくさんあります。

そして、そこから考えた私たちの「バンライフの新定義」があります。
それは【バンライフとは、若者が「自分の人生を見つめなおす期間」に使う、一つの手段のこと】

私たちは今後、これを「日本版バンライフ」の定義としたいと思います。

バンライフを通じて、学んだこと。

あくまでも私たちの場合ですが、バンライフを1年通じて、学んだことはたくさんあります。

  • 家族で同じ時間をたっぷり過ごすことが、どれだけ幸せなのかを知った。
  • 日本に、こんなにも美しい場所がたくさんあることを、初めて知った。
  • 会社に属さなくても、自分で稼ぐ方法を知った。
これらはやっぱり、バンライフという「家出」をしなければ、知らなかったことだと思っています。

特に旅を通じて、「生きなければ!」と必死に稼ぐ手段を模索した結果、【会社に属さず、自分で稼ぐ方法を知った】という気づきはあまりに大きく、これによって結果、私たちの人生の指針が定まりました。
(実際、バンライフを終えたあと、わたしたちは夫婦で会社を設立しました。これからは地に足のついた生活をしていくつもりです。)

バンライフはあくまでも、人生の家出に使える一つの手段。

バンライフという旅を通じて、私たちは「人生の何かを見つけることが出来た」
これは、若者が世界各国をバックパッカーで巡ることに似ていると思います。

何がみつかるのかは、人それぞれ。

別に人生、こうして少しくらい脱線してもいいと思います。
【ある一定の期間、なにもかも捨てて家出をして、人生を見つめなおしてみる時間】
は、私たちのように若い世代に、いろんな価値観を教えてくれます。

そして、それを叶える手段は、色々ありますね。
バックパッカー、海外留学、船で世界一周…そして、車でバンライフ。

あくまでも、このように「バンライフ」とは娯楽ではなく、「一つの手段」であることを、強調したいと思います。

まとめ

今回は、「バンライフ」についてお話しました。
以上をまとめます。

「バンライフ」について
  • メディアの発信するバンライフとは「動く家で生きるというライフスタイルのこと」。
    しかし、それは間違いなく「車上生活」を意味しているだけ。
  • そして日本の制度上で「住所不定の車上生活」をするのは不可能。
  • だからこそ「バンライフ」をしたとしても、それには区切りが必要。
  • とはいえ、私たちはそんな区切りある「バンライフ」をして、いろんなことを学び、今後の人生の方針が固まった。
    そして若い時期に、こんな感じで人生の家出があっても構わない、と考えるようになった。
  • 結果、私たちは今後「バンライフ」とは何か?と聞かれたら、【若い世代が自分の人生を見つめなおす手段である】と、発信していくつもりだ。

【わたなべ夫婦のプロフィール】すべてを捨てた私たちが「バンライフ」の旅で得られたこと

2018年8月6日

関連記事