【保存版】車中泊での調理器具オススメはコレだ!

こんにちは! 車中泊で日本一周中のわたなべ夫婦です。

車中泊で使用する調理器具って何を使うの?」とお困りの方!
車中泊のプロである私たちが、オススメの調理器具をご紹介します!

是非、皆さんの車中泊旅に役立ててください♪

あわせて読みたい
▼「車中泊の食器洗いはどうしたらいいの?」という方はこちら

車中泊で食器洗いってどうしたらいいの?プロが教えます!

2019年3月1日

▼「車中泊でできる自炊レシピ&メニューは?」という方はこちら

【車中飯】車中泊の時にオススメの料理は?車中泊夫婦が伝授!

2018年10月6日

【車中飯グッズ】車中泊でオススメの調理器具はコレだ!


これからご紹介する料理グッズを活用することで、

  • 車内での調理が簡単になる!
  • 食器の洗い物が少なくなる!

など、メリットたくさんなので、ぜひ参考にしてください(^^)/

【車中泊で簡単料理】ご紹介する車中泊料理グッズ一覧

以下は、今回オススメする車中泊での調理器具一覧です♪

【調理編】

  • カセットコンロ/ワンバーナー
  • フライパン/クッカー
  • 調理ばさみ
  • ざる・ボウルセット
  • アルミホイル
  • ポット(もしくは水筒)

【食材の保存編】

  • クーラーバッグ
  • 古新聞

【食事中】

  • 紙皿
  • ラップ
  • キッチン下折りたたみラック
  • テーブル&チェア

【片付け編】

  • ロートと空のペットボトル
それでは詳しくご紹介していきます!

【車中飯グッズ】車中泊の調理器具~調理編~

【車中泊オススメ調理器具①】カセットコンロ OR ワンバーナー

自炊をするときに、まずは基本のコンロがなければ始まりません。
加えてコンロは災害時などの「いざという時」にも役に立つので、一台は用意しておいて損はありません。

現在、私たちは【イワタニの達人スリム】を使っています。

旅をしている間、多くの車中泊ユーザーの方が同様のタイプを使用しているのを目撃しました。
「スリムで車内に収納しやすく、価格が安い」ということで不動の人気を誇っているようです。

実際に使用していても、特に不自由を感じたことはありません。
おすすめです。

車内でのコンロの使用は、メーカーには推奨されていません。
くれぐれもご使用になる際は、換気&消化具の用意を徹底してください。

【車中泊オススメ調理器具②】フライパン/クッカー

車中泊で自炊をしようとするなら、フライパンはマストアイテムですね。

また、2,3日の車中泊旅なら必要ありませんが、もし何週間もの旅を計画される場合は複数のフライパンを用意されることをオススメします。
というのも、やはり自炊が最も旅の費用を抑えられますし、何より外食続きは飽きてしまいます。

とはいえ、車の中ではスペースが限られていますので、購入する際には、収納のしやすさも必ず考慮したいところです。
私たちは取っ手が取れるタイプのフライパンを使用しています。

【車中泊オススメ調理器具③】調理ばさみ

調理ばさみは、あまり長期の車中泊ではない場合で「簡単な料理ができれば良い」という方にお勧めです。

まな板や包丁は便利なのですが、毎回それらを洗うのは大変です。
もし調理ばさみが一本あれば、それで野菜や肉をカットできますし、調理後はハサミをウェットティッシュで拭くだけで済みます。

【車中泊オススメ調理器具④】ざる・ボウルセット

ざるやボウルは、切った食材を入れておくのにもちろん、意外とキャンプ場での洗い物の時にも役に立ちます。

無料のキャンプ場などでは、水回りの清掃が行き届いていない場合が多々あるため、そのような時はいつも、ざるを水切り替わりに使用しています。
また、ざるがあればパスタなども作れるようになり、料理の幅も広がりますのでワンセット用意しておくのが良いでしょう。

ちなみに、ボウルは底が深く、かなりスペースを消費してしまいますので、下記のような「折り畳み式」がオススメです!

【車中泊オススメ調理器具④】くっつかないタイプのアルミホイル

「アルミホイル」こそ、車中泊で最も不可欠なアイテムです!

車中泊での自炊の鉄板は「いかに洗い物を出さないか」ということです。

アルミホイルをフライパンに敷けば、調理をした後そのまま捨てる事が出来ますので、洗い物が発生しません。
ぜひ、車中泊をするときはマナーとして、用意してください。

デメリットとしては「破れやすい事」です(笑)
炒めものをするときは慎重に、混ぜてくださいね。

【車中泊オススメ調理器具⑤】ポット(もしくは水筒)

お湯を朝いちばんに沸かしてポットに入れておくと、好きな時にコーヒーが飲めたり、お味噌汁を溶かしてご飯にもう一品追加したりと、何かと役に立ちます。

ちなみに私たちは、【保温性の優れた水筒】でポットの代用しています。

【車中飯グッズ】車中泊の調理器具~食材の保存編~

以上では、車中飯の調理グッズをご紹介しました。
ここからは「保存」について解説します。

基本的に車中泊で使用する食材に関しては、肉や魚はその日中に消費することを心がけてください。

とはいえ、そもそもスーパーで買った後、調理するまでの間、肉や魚を保存する必要があります。
また、日持ちしそうなニンジンやじゃがいもといった野菜は、どうやって保存すればいいのでしょうか?

私たちのオススメグッズをご紹介します!

【車中泊オススメ調理器具⑥】クーラーバッグ

車中泊で自炊をする場合、必ず100均でもいいのでクーラーバッグは用意してください。
これさえあれば、たとえ冷蔵庫がなくとも、半日程度は肉や魚を保存することが出来るようになります。

私たちはいつも、購入した肉類を氷と一緒にクーラーバッグに入れています。
氷はスーパーで(一人1袋までなどの制限はありますが)無料で調達できます。

なお、クーラーバッグは下記のように折りたためるものがコンパクトでオススメです。

【車中泊オススメ調理器具⑦】古新聞

野菜を保存する場合は、なるべく古新聞に巻いてあげましょう。

なぜなら、車内は予想以上に湿気が多いためです。
新聞で包んであげると、湿気を吸収してくれるので、たいていの野菜が長持ちするようになります。

ただし新聞は一度巻いたら放置、ではなく小まめに交換してあげる事が大切です。

なお、古新聞は直売所のある道の駅に置いてあることが多いので、私たちは許可を頂いて頂戴しています。

【車中飯グッズ】車中泊の調理器具~食事編~

【車中泊オススメ調理器具⑧】捨てられる紙皿

再掲ですが、車中飯ではどれだけ洗い物を減らせるか?が最も肝になります。

そのため食器には「紙皿」の使用をお勧めします。
100円均一で15枚100円ほどで売っているため、コスパも悪くありません。

【車中泊オススメ調理器具⑨】ラップ

お米など、汁や油が無い食べ物は、紙皿を使わなくてもラップで代用できます。
こうすることによって、普通の食器を使っても洗い物がありません。

ただし、汁や油ものをラップで食べると、ラップを貫通して食器を汚してしまいますので、紙皿を使用してください。

【車中泊オススメ調理器具⑩】キッチン下折りたたみラック

こちらは車内で食事をとるスペースが「前座席」しかない方に、オススメです。
何に使用するのかというと、簡易な机として使用します。

このように足の上に出せば、ハンドルのある前座席でも、普通に食事を食べる事が出来ます。
使わない時は、折りたたんでコンパクトになるのも◎

【車中泊オススメ調理器具⑪】テーブル&チェア

テーブルとイスは、キャンプ場での車中泊を予定されている方にお勧めです。
とはいえ、「大型の椅子にするか」「コンパクトな椅子にするか」は最初に検討したほうがよさそうです。

というのも、私たちは旅の途中で、写真で使用していた大型の椅子を破棄しました。
なぜなら主に「道の駅」での車中泊をメインとしているため、利用する頻度が少なかったからです。
そのうえ、スペースをかなり消費していたので困っていました。

現在はダイソーで売っていた150円の簡易な椅子を使用しています。
私たちには、その小さな椅子で十分でした(笑)

とりあえず、全国には無料のキャンプ場もたくさんありますから、イスとテーブルは持っていて損はありません。
大きさだけはチェックしておきましょう。

【車中飯グッズ】車中泊の調理器具~片付け編~

【車中泊オススメ調理器具⑫】ロートと空のペットボトル

ロートと空のペットボトルは、カップラーメンの残り汁などを一時的に入れておくのに非常に便利です。

ロートは折りたたみ式がスペース削減になり、便利です。

【番外編】詳しい洗い方について

「使用した食器洗いはどうしたらいいの?」という方はこちらの記事をご覧ください♪

車中泊で食器洗いってどうしたらいいの?プロが教えます!

2019年3月1日

【車中泊で簡単料理】最後に…

いかがでしたか?
車中泊での自炊は、ハードルが高く感じますが、実はとても簡単です。
その土地でとれたお野菜やお肉を、安く食べられるのも車中泊の自炊ならではの贅沢!

ご飯もしっかり楽しみましょうね! ぜひ、良い旅を♪
わたなべ夫婦でした!

あわせて読みたい
▼「車中泊でできる自炊レシピ&メニューは?」という方はこちら

【車中飯】車中泊の時にオススメの料理は?車中泊夫婦が伝授!

2018年10月6日

こちらの記事も人気です。