【清里で車中泊】『道の駅パパスランドさっつる』で車中泊は禁止なの?

北海道の車中泊スポット
わたなべ夫婦
このブログ記事では、実際に車中泊をした体験談をご紹介します!

『道の駅パパスランドさっつる』は、駐車場やトイレが24時間開放されている、車中泊スポットです。
わたしたちは、2018年8月に清里の『道の駅パパスランドさっつる』で車中泊をしました。

公共駐車場での車中泊はあくまでも「仮眠・休憩」が原則です。長期滞在やキャンプ行為は厳禁ですので、くれぐれもマナーを守って利用しましょう。

『道の駅パパスランドさっつる』の様子

『道の駅 パパスランドさっつる』は摩周湖から37分神の子池から43分の場所にある車中泊スポットです。

なにやら調べてみると、昔は車中泊禁止だったそうです。
私たちが訪れた時には禁止の看板は見当たらず、更に今はもう他に何台もキャンピングカーが駐車していましたので現在はもう、問題ないと思われます。
実際、泊まってみましたが怒られたりしませんでした(笑)

それでは下記には、そんな『道の駅 パパスランドさっつる』の様子を詳しくご紹介します♪

清里の車中泊スポット『道の駅 パパスランドさっつる』は安全? 夜は快適に眠れる?

近隣には何もないものの、道の駅に必要な機能がすべてそろっているので、不自由なく一晩過ごすことが可能です。

大通りには面していますが、車の交通量はかなり少ないため、静かです。
他にも何台も車中泊と思われる車が停まっていて、中には家族連れの方もいらっしゃいました。

清里の車中泊スポット『道の駅 パパスランドさっつる』のトイレについて

道の駅の中のトイレはデパートのトイレのようにきれいですが、午後9時に閉館すると使用不可に。

それ以外の時間は、施設外のトイレを使用することができます。(24時間使用可)

駐車場のすぐ脇にトイレがある

まあまあきれい

個室は和式と洋式のトイレが用意されています。ウォシュレットはなし。
清掃は毎日されているのようなので、汚れはあまり気になりませんが、建物自体が若干古いので清潔感はまあまあといったところ。

使用感に関しては、特に問題はありませんでした。

清里の車中泊スポット『道の駅 パパスランドさっつる』の様子

地元の名産品が揃う

足湯もあります(午前10時~午後9時まで)

道の駅の外には無料の足湯があります!
中にはお土産が揃っていました。
清里町名産の「じゃがいも焼酎」の試飲もあり、楽しめました♪

更に休憩コーナーやレストランもありますので、ゆっくり過ごすことができます。
なお、館内では無料のWi-Fiが利用できます。

レストランは午後8時まで

わたなべ夫婦
レストランはボリューム満点(ごはん大盛り無料)で、おいしかったです!

ザンギ黒酢あんかけ定食(1,058円)

ザンギ定食(950円)

無人のコインランドリー

道の駅の外には簡易のコインランドリーもありました。
4.5kg/300円(洗剤不要)で、乾燥機もあるので旅人には大変助かりますね!

北海道の車中泊スポット情報
▼北海道の車中泊スポットをエリア別にまとめました。

北海道の車中泊スポットまとめ!【全52スポット】

【おまけ】「併設の日帰り温泉情報」と「他の車中泊スポット紹介」

清里の車中泊スポット『道の駅 パパスランドさっつる』併設の日帰り温泉情報

今回の車中泊スポット『道の駅 パパスランドさっつる』には、施設内に温泉施設が併設されています。

入浴料390円と格安ながら、お風呂は4種類、あつめ(43.5度)とぬるめ(39.9度)と打たせ湯、露天風呂と豊富。
僕たちが車中泊をした日は風が強く、真夏ながら寒かったので、じっくり温まることができてよかったです!

まだまだ車中泊スポットがあります!

他の北海道の車中泊スポットをお探しならこちら。

北海道車中泊マップ

北海道の車中泊スポット一覧ページは、
下記ボタンを押してください。
北海道以外の、全国の車中泊スポットをお探しならこちら。
全国車中泊マップ

全国の車中泊スポット一覧ページは、
下記ボタンを押してください。

各種情報まとめ

【基本情報】

名称 道の駅 パパスランドさっつる
住所
駐車場の広さ 70台程度
料金 無料
Webサイト 公式サイトはコチラ

【設備・その他情報】

入浴施設 あり(入浴施設情報は本記事【関連情報】に記載)
トイレ 有り(24時間)。道の駅の開館時間は施設内のよりきれいなトイレが使用可能
洗濯設備 コインランドリーあり
電源 なし
ゴミ処理対応 ゴミ箱はある
調理 不可
売店 道の駅内。コンビニは車で10分の距離。
飲食店 道の駅内にあり。