【淡路島】道の駅東浦ターミナルパークは車中泊が可能!実際に泊まってみた感想をご紹介します。

全国車中泊スポット紹介
わたなべ夫婦
このブログ記事では、実際に車中泊をした体験談をご紹介します!

『道の駅東浦ターミナルパーク』は、駐車場やトイレが24時間開放されている、車中泊スポットです。
わたしたちは、2019年3月に兵庫県淡路市の『道の駅東浦ターミナルパーク』で車中泊をしました。

淡路島の『道の駅東浦ターミナルパーク』の場所はどこ?

『道の駅東浦ターミナルパーク』は、淡路島の北部、東浦エリアの道の駅です。
近隣には「あわじ花さじき」などの観光スポットもあり、北にも南にもアクセスの良い利便性の高い立地です!

淡路島車中泊場所まとめ

【参考】他の淡路島の車中泊スポットをお探しならこちら。
▼現地取材に基づき、淡路島の車中泊事情を詳しく解説しています。

【淡路島のおすすめ車中泊場所】全7スポットをご紹介します!

※地図中の【車のアイコン】を押すと、個別ページに飛ぶことができます。


▼ほかの兵庫の車中泊スポット一覧はこちら!

【淡路島の車中泊スポット】道の駅東浦ターミナルパークの様子


ここからは実際に私たちが車中泊をした様子をご紹介します!

【淡路島の車中泊スポット】道の駅東浦ターミナルパークは安全? 夜は快適に眠れる?

『道の駅東浦ターミナルパーク』は国道28号線沿いにありますが、道路と駐車場の間に道の駅の建物が挟まっているので、夜は意外と静かに過ごすことができました。

全体的にフラットが確保されているので、車中泊に際して寝苦しさなどはありません。

また、他の車中泊利用者も多く、安全性は問題ありませんでした。

道の駅の駐車場は、一部エリアが有料となっていますが、24時間無料の区画もあります

道の駅に入るとこのようなゲートが見えてきますが、さらに奥に進み道の駅の施設近くまで来ると無料の駐車スペースがあるのでそちらが利用可能です。

混雑時には、無料エリアに長時間駐車することは控えるようにしましょう。

【淡路島の車中泊スポット】道の駅東浦ターミナルパークのトイレの様子は?

淡路島の車中泊スポット『道の駅東浦ターミナルパーク』のトイレは以下の写真の通りです。

狭くて小さいですが、清掃は毎日されており一定の清潔度は保たれています。
この日はたまたま男子トイレの手洗い場が詰まっており使用不可でしたが、翌朝には修理されていました。

なお、多目的トイレのみウォシュレット機能付きの便座が用意されていました。

温水の手洗い場などもあり、冬場の利用時には助かりますね。

【淡路島の車中泊スポット】道の駅東浦ターミナルパークにゴミ箱や水道設備はあるの?

『道の駅東浦ターミナルパーク』には、屋外にゴミ箱がありました。

ゴミの分別は徹底して、常識外の持ち込みゴミは控えましょう。

一方、利用可能な水道設備は見当たりませんでした。

【淡路島の車中泊スポット】道の駅東浦ターミナルパークの施設内の様子は?

『道の駅東浦ターミナルパーク』の施設内には、産直や物産などがありました。

さらに、隣の建物も産直になっており、充実した品ぞろえです。
淡路島は野菜や畜産などの食料の生産が盛んなので、地元の美味しい食材が調達できるのは嬉しいですね!

【おまけ】全国の車中泊スポット紹介

他の淡路島の車中泊スポットをお探しならこちら。

淡路島車中泊場所まとめ
▼現地取材に基づき、淡路島の車中泊事情を詳しく解説しています。

【淡路島のおすすめ車中泊場所】全7スポットをご紹介します!

※地図中の【車のアイコン】を押すと、個別ページに飛ぶことができます。



他の兵庫の車中泊スポットをお探しならこちら。
兵庫車中泊マップ

兵庫の車中泊スポット一覧ページは、
下記ボタンを押してください。
兵庫以外の、全国の車中泊スポットをお探しならこちら。
全国車中泊マップ

全国の車中泊スポット一覧ページは、
下記ボタンを押してください。

【淡路島の車中泊スポット】道の駅東浦ターミナルパークの各種情報まとめ

【基本情報】

名称 道の駅東浦ターミナルパーク(兵庫県淡路市)
住所
料金 無料
Webサイト 公式サイトはこちら

【設備・その他情報】

トイレ あり
ゴミ箱の設置 あり
キャンプ行為(屋外での調理・テント張り等) 不可
水道設備 なし