【体験談】ふもとっぱらでオートキャンプしてきたのでご紹介します!

ふもとっぱら キャンプ場 全国車中泊スポット紹介
わたなべ夫婦
このブログ記事では、実際に車中泊をした体験談をご紹介します!

『ふもとっぱら』は、静岡県富士宮市のキャンプ場です。
このキャンプ場は、車の乗り入れが自由なので、オートキャンプ場として使用できる人気スポットです。

公共駐車場での車中泊はあくまでも「仮眠・休憩」が原則です。長期滞在やキャンプ行為は厳禁ですので、くれぐれもマナーを守って利用しましょう。

ふもとっぱらキャンプ場の料金設定について

ふもとっぱら キャンプ場
『ふもとっぱら』の料金設定ですが、日帰りか宿泊か、また車両の種類などによって料金は異なります。

詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。

「あまり安くはないな」と思われる方も多いかもしれませんが、景観の良さやサイトの自由さは最高で、さらにチェックアウトは翌日14時までとゆったり滞在できるため、ここでキャンプをするメリットは十分あるなという印象です。

ふもとっぱらキャンプ場の様子

ふもとっぱらキャンプ場の受付について

ふもとっぱら キャンプ場
『ふもとっぱらキャンプ場』では、まずはこちらの受付にてチェックインをします。

あらかじめネットで予約もできるので、混雑状況など気になる方は予約がおすすめです。

また、着火剤や薪などの売店もありますので、急に必要になった際も便利です♪

ふもとっぱらキャンプ場のサイトについて

ふもとっぱら キャンプ場
『ふもとっぱらキャンプ場』では、広大なサイトのどこに設営してもOKというかなり自由な設計になっています。

トイレと洗い場の場所は限られますが、各地に点在しているため比較的離れたところにも設営することができます。

サイトの予約はないので、当日早い物勝ちになります。
GWなどはかなり混みあうようですが、連休などでなければ場所取りはそこまで気にする必要はなさそうです。

実際、私たちが利用したのは4月中旬の平日でしたが、特に混みあっている様子はありませんでした。

ふもとっぱらキャンプ場の洗い場について

ふもとっぱら キャンプ場
『ふもとっぱらキャンプ場』には、各地に洗い場が用意されています。

定期的に掃除はされていましたが、清潔度はあまり高くありません。
水回りや排水溝は、どこも食べ残しがあったり、砂があがっていたりと汚さが目立ちました。
ふもとっぱら キャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場のトイレについて

ふもとっぱら キャンプ場
ふもとっぱら キャンプ場
『ふもとっぱらキャンプ場』には、トイレが2~3か所程度設置されています。
こちらの写真のトイレは一番きれいでまとも(水洗)のトイレで、他は基本的に仮設トイレになります。

一応、ウォシュレット付き便座はありましたが、それほど設備的には整っている印象はありませんでした。
ふもとっぱら キャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場のゴミ処理について

『ふもとっぱらキャンプ場』では、ゴミ処理用のゴミ袋が支給されるので、それを使ってゴミをキャンプ場で処分することができます。

生ごみなどの燃えるゴミはもちろん、缶やペットボトルなどのゴミも処分可能です。
灰の捨て場もこちらにありました。

ふもとっぱら キャンプ場
ふもとっぱら キャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場のお風呂について

『ふもとっぱらキャンプ場』には一応入浴施設がありますが、基本は閉鎖されています。
私たちが利用した日も閉まっていました。

その場合、お風呂については近隣の日帰り温泉を利用する必要があります。

私たちは「富士山天母の湯」を利用しました!ちょっと離れてますが、1時間410円でオススメです。

静岡県富士宮市の富士山天母の湯

【口コミ】富士山天母の湯の日帰りは安くて、オススメ!

ふもとっぱらキャンプ場の感想

さすが超人気キャンプ場だけあって、一度は訪れたいスポットですね。

ただ、連休は地獄のように混みあうので、行くなら「平日(か閑散期の休日)の晴れた日」に限るかなと思います!

【おまけ】全国の車中泊スポット紹介

他の静岡の車中泊スポットをお探しならこちら。

静岡車中泊マップ

静岡の車中泊スポット一覧ページは、
下記ボタンを押してください。

静岡以外の、全国の車中泊スポットをお探しならこちら。
全国車中泊マップ

全国の車中泊スポット一覧ページは、
下記ボタンを押してください。

【和歌山のキャンプ場】野口オートキャンプ場の各種情報まとめ

【基本情報】

名称 ふもとっぱら(静岡県富士宮市)
住所
料金 公式サイト参照
Webサイト 公式サイトはこちら

【設備・その他情報】

トイレ あり
ゴミ箱の設置 あり
キャンプ行為(屋外での調理・テント張り等) 可能
水道設備 あり