【混浴】羅臼の秘湯『瀬石温泉』に夫婦で行ってきました!

北海道の日帰り温泉
わたなべ夫婦
このブログ記事では、実際に日帰り温泉を利用した体験談をご紹介します!
海が引いたときにしか入れないマボロシの温泉。しかしここも「お風呂」というよりは「観光地」として楽しむような場所。

実際に利用した評価・感想

入浴まで

着替え場所もシャワーもありません。

水着や入られるご準備がある方は、事前にすませたほうが◎

私たちが訪れたのは8月中旬。

外国人含め、かなり多くの観光客の方が集まっていました。

ここは海が干潮時にしか現れない、すごく珍しい温泉で、個人の方が管理されています。

料金は無料ですが、毎朝お風呂の中の海藻を取ったり、皆さんが楽しめるようせっせと準備してくださっているそうですので、是非【気持ちの箱】に感謝の気持ちをお金で入れましょう(^▽^)/

あとは看板を発見して階段を下りたら、昆布を販売している売店があります。

トラブルを避けるために、そちらに「お風呂を利用させて頂く」と一言お声がけしてから使用してくださいとのことです。

お風呂場について

 

さて、肝心の入浴についてですが、【全裸で入るのにはかなり勇気がいる】事は間違いないです。

この写真のように、まず道路から丸見えなので多くの観光客が上から写真を撮ります。

更にお風呂にやってきた方も大半が足湯のみで、水着での入浴の方もあまりいらっしゃいません。

とにかく人目が多すぎて男性の方でも入るときはパンツを着用されていました。

そういった点から【お風呂ではなく観光地のようになっている】という表現をしました。

(とても質の良いお風呂だったので、このように人がたくさんいて入れないのは残念ですね)

お風呂に関しては、二種類あります。

海を正面にして左側と右側に一つずつありますが、基本的に入浴するところは右側になります。

(右側は入浴できるように温度調節をしていただいている浴槽です)

スグとなりが海!

隣に半裸になって入られていた方が居たので写真は一部になります、ご了承下さい<(_ _)>

早速私たち夫婦も足をつけてみました。

ちなみにお風呂の中は、岩がかなりぬめぬめとしていて、コケてしまいそうだったので移動するときはお湯の中ではなく外の方がおススメです。

入ってみると温度は40度といったところで、気持ちいいです。

ここの温泉は源泉64度と非常に温度が高めです。

源泉の温度が高いという事は【お湯が新鮮】なので、塩化物泉の上質な温泉だと言えます!

お風呂が沸いてる!

浸かっていると岩の間からお湯がぷくぷく沸き出ているのが見れます。

足湯でも実は全身がしっかりと温まるので、大変リラックスできます。

波の音を聞きながら多くの方がゆったりくつろがれていました♪

感想

お風呂自体の泉質は素晴らしいです。

しかし、何度も申した通り、「観光地」のようになっているので、純粋にお風呂そのものを楽しむには男性でもとても勇気がいります。

水着を着用して入ろうと考えられている方には、【瀬石温泉→すぐ隣の相泊温泉】のコースがおススメです。

相泊温泉は男女別になっているので、水着を脱いでしっかりと身体を温めることが出来ます☆

『瀬石温泉』の各種情報まとめ

【基本情報】

名称 瀬石温泉
住所  〒086-1811 北海道目梨郡羅臼町瀬石
駐車場 有り(無料)
料金 無料
Webサイト 公式サイトはコチラ

【温泉情報】

天然温泉の有無 有り
浴槽の数(種類) 一種類
お湯の温度 40度程度
露天風呂 海の横なのでそれだけ

【設備・その他情報】

サウナ 無し
アメニティ 無し
タオルの貸出 無し
ドライヤー 無し
清潔感 自然の中なので測れない

【おまけ】全国の日帰り温泉紹介

他の北海道の日帰り温泉をお探しならこちら。

北海道の温泉マップ

北海道の日帰り温泉一覧ページは、
下記ボタンを押してください。


当サイトでは、他にも全国の日帰り温泉をご紹介しています!
全国日帰り温泉マップ

全国の日帰り温泉一覧ページは、
下記ボタンを押してください。