【2019年最新】川湯温泉「仙人風呂」に入浴してきました!水着着用必須で女性も安心♪

全国日帰り温泉紹介
わたなべ夫婦
このブログ記事では、実際に日帰り温泉を利用した体験談をご紹介します!
「川湯温泉という公衆浴場の中に、仙人風呂というものがあるの?」と思っていましたが、違いました。
川湯温泉「仙人風呂」とは、冬季限定川全体を温泉にした珍しいスポットです。

そのため、「仙人風呂」に入浴するだけであれば「川湯温泉」という公衆浴場とは関係が無く、無料で勝手に入浴することが出来ます!

非常に開放的な温泉ですが、【水着着用】をしなければ入れない温泉ですので、ご家族、カップルでも安心して一緒に温泉を楽しむことが出来ます♪

川湯温泉「仙人風呂」の場所について


川湯温泉「仙人風呂」の場所は、上記Googleマップを参考にしてください。

和歌山の温泉マップ

▼和歌山の他の日帰り温泉をお探しならこちら。

川湯温泉「仙人風呂」を実際に利用した評価・感想

アクセスについて

駐車場に関しては、「仙人風呂」から徒歩3分の所に無料駐車場があります。

▼無料駐車場の場所はコチラ▼

川湯温泉「仙人風呂」の【更衣室】はどこ??

駐車場から川湯温泉「仙人風呂」までは、徒歩3分程度離れていますが、残念ながら更衣室はこの駐車場の場所にしかありません

上記の駐車場には、このような建物があります。
こちらの建物に、トイレと更衣室が用意されています。

中は写真の通り、非常に綺麗です。
ただし、更衣室にはロッカーやドライヤーなどは全くありませんのでご注意を。

まずはこの更衣室で水着を着用し、上着をきて移動しましょう。
必ずタオルをお忘れなく(^^♪
移動には、脱ぎ履きのしやすい、サンダルやクロックスなどがオススメです。

そして、仙人風呂に行くまでは良いのですが、更衣室に帰ってくるまでがかなり寒い為、注意が必要です。

ちなみに、私は水着の上にワンピースを着て行って、帰りはワンピースの中で濡れた水着をささっと脱ぎました。
女性はこのように、ワンピースを着るなどして工夫された方が良いかもしれません。

【更衣室】から川湯温泉「仙人風呂」へのアクセスは?

更衣室から道路へ出たら、更衣室を右手にし、真っすぐ2分程歩くと到着します♪

このように、分かりやすい標識が付いているのですぐに分かると思います。
階段を下りると、その前にはすぐに【仙人風呂】が広がっています!

川湯温泉「仙人風呂」の様子は?

川湯温泉は【完全無料】で開放されていますが、このような募金箱の設置がありました。

このドアをくぐると、すぐに開放的な温泉が広がっています!

荷物をどこに置くか悩みましたが、足元はご覧のように、大きな石の砂利があるため、私たちは出来る限り温泉まで近づいてから洋服を脱ぐことにしました。

温泉の横には下記のようなマットが用意されているので、おそらく「川のすぐ傍で脱ぎ、荷物を置いておく」のが正解なような気がします。

では湯に浸かってみます!!

真冬でしたが、本当に不思議ですごく温かいです( *´艸`)

温度は40℃くらいでしょうか。
私たち以外にもご家族連れが居ましたが、お子様も熱がることなく、楽しそうにされていました(^^♪

しかし逆に言うとじーっと浸かっていても、上がると寒いので、上がる事をためらってしまいます(笑)

川の底も、このように大きな石が多いので移動には少し注意が必要です。

また、川の底から「熱湯」が湧き出ているスポットがちらほらあるので、火傷にはくれぐれもご注意下さい。

とても開放的で楽しい温泉でした!!

ただし、硫黄の香りが強く、水着に残ります。
タオルや服には臭いが着いても良いものを着用したほうがベターです。

入浴が終わったら移動し、更衣室へ戻ります。
足に砂利が入ってしまっても落とせますので大丈夫です。

わたなべ夫婦
家族連れやカップルにとてもおススメの温泉です!是非お立ち寄りください♪

 

川湯温泉「仙人風呂」の各種情報まとめ

【基本情報】

名称 川湯温泉「仙人風呂」
駐車場 あり(無料)
大人料金 無料
営業時間 6:30~22:00
定休日 無し
Webサイト 公式サイトはこちら

【温泉・設備情報】

露天風呂 あり
サウナ なし
アメニティ なし
ドライヤー なし
鍵付きロッカー なし

【おまけ】全国の日帰り温泉紹介

周辺の他の日帰り温泉をお探しならこちら。

他の和歌山の日帰り温泉をお探しならこちら。
和歌山の温泉マップ

和歌山の日帰り温泉一覧ページは、
下記ボタンを押してください。


当サイトでは、他にも全国の日帰り温泉をご紹介しています!
全国日帰り温泉マップ
全国の日帰り温泉一覧ページは、
下記ボタンを押してください。