【口コミ】知床の『カムイワッカ湯の滝』に行ってきた感想

北海道の日帰り温泉
わたなべ夫婦
このブログ記事では、実際に日帰り温泉を利用した体験談をご紹介します!
川全体が温泉という楽しさ。ただし、大人の方は「お風呂」というよりは「観光地」として楽しむような場所です。

実際に利用した評価・感想

入浴まで

カムイワッカの湯はPH1.6と、おおよそ胃液と同じ程の酸性の強さになります。

肌の弱い方は、ホテル等に戻った後シャワー等でよく身体を洗う事をオススメします。

私たちがカムイワッカの湯を訪れたのは8月上旬です。

ちょうど「交通規制をしていて一般車両では入れない」との情報をキャッチしました。

ではどうするのかというと、そういった時期はシャトルバスで向かう事になります。

以下、シャトルバス運行の時期の表です。

詳しくは公式ページコチラをご覧ください。

繁忙期は交通規制有。

シャトルバスにゆられること約40分、カムイワッカの湯に到着しました!

バス停から5分程歩くと大きな滝が見えてきます。

ちなみに、この歩く道はかなり平坦なので、バスの中ですでにサンダルに履き替えてもOKです。

滝の横には簡易トイレがあります。

着替えるスペースがあるとの表記がHPにありましたが、チェックしてくるのを忘れました(´;ω;`)

ちなみに、カムイワッカとはアイヌ語で「カムイ=神」「ワッカ=水」という意味で、神の水という意味になります。

私たちの世代(アラサー)で良くゲームをされていた方はFF10思い出しませんか?(笑)

彼はアイヌ語で水という意味だったんですね!

お風呂場について

滝つぼに行くまでには、つるつると滑ってしまう足場や、写真のように滝が流れる岩場を歩く必要があります!

サンダルでもしっかりと足が固定され、底が滑りにくいものを持っていきましょう。

かなり急で、整備されていない坂を一気に上ります。

すると川がありますので、その中をワイルドに横切っていきます。

このように結構なアクティビティ要素があるので、例えば水着での入浴をお考えの方がいらっしゃったら、最初から水着だとなかなか恥ずかしい思いをするかもしれません(笑)

その場合は滝つぼに着いてから脱いで入る、のようが良さそうです。

さて、滑らないようにゆっくり上っていくと、見えました!滝つぼです。

観光客がわらわらいて、8月上旬では誰も浸かっていませんでした。

これは…大人の方は水着でも入るのに勇気がいるかもしれません…!!

せっかくの秘湯なのに、ちょっと残念なわたなべ夫婦です。ここは足湯で我慢しました。

温度は30度程度で、北海道なので外気は寒く(20度を下回ります)、入るとその後寒い思いをしそうです。

ちなみに、ここの温泉PH1.6とかなり酸性です。

という事は「殺菌力が強く皮膚病に効く」という効能があります!

しかしながら、かなり酸性が強いので、肌が荒れてしまう方もいらっしゃるかと思います。

お肌が敏感な方はくれぐれもシャワーでしっかり洗い落とすようにして下さい。

(例えばお子様など肌が弱い上に、このお湯に全身浸かられた方は、そのあとボディーソープをすると肌が負けてしまう可能性がありますので、身体をごしごし洗う事は控えたほうがいい場合もあります。様子を見て洗ってあげてください。)

もっと上に登りたかったのですが、落石の関係で今はもう全然上に上がれないみたいです。

昔に来てみたかったなぁ~。

感想

川そのものがお風呂だなんて、ものすごく楽しいですよね!

ただ、人が多すぎて「お風呂として楽しむ場」ではないように感じました。

もはや観光地化されているので、ベツモノとして楽しんでください。

『カムイワッカ湯の滝』の各種情報まとめ

【基本情報】

名称 カムイワッカの湯
住所  〒099-4100 北海道斜里郡斜里町遠音別村
駐車場 有り(交通規制によりバスでしか行けない時期有)
料金 無料
Webサイト 公式サイトはコチラ

【温泉情報】

天然温泉の有無 有り
浴槽の数(種類) 天然の川
お湯の温度 30度程度
露天風呂 川の中

【設備・その他情報】

サウナ 無し
アメニティ 無し
タオルの貸出 無し
ドライヤー 無し
清潔感 自然の中なので測れない

【おまけ】全国の日帰り温泉紹介

他の北海道の日帰り温泉をお探しならこちら。

北海道の温泉マップ

北海道の日帰り温泉一覧ページは、
下記ボタンを押してください。


当サイトでは、他にも全国の日帰り温泉をご紹介しています!
全国日帰り温泉マップ

全国の日帰り温泉一覧ページは、
下記ボタンを押してください。