【車中泊DIY】段差解消!フラット床の作り方をご紹介します。

今回は私たちが実際に自作した【バンやハイエースなどの荷室をフラットにする方法】をご紹介します!

【車中泊DIY】段差解消!フラット床の作り方をご紹介します。

わたなべ夫婦
まずは完成品をご覧ください♪

この通り、やっかいな段差が無くなり、みごと完全なフラットになりました♪

バンやハイエースの荷室の多くは、下の写真のように段差がありますよね。

これが車中泊仕様に改造していく上でとても、やっかいです。
まずは基礎となる【完全にフラットな床】を作りましょう。

【車中泊】廃材やコンパネで簡単DIY!

ご紹介する方法は【廃材やコンパネ】を使ったDIYです。

かかった時間や費用はどのくらい?

まずは時間、費用面から。

かかった時間は約半日で、費用は廃材を使ったため、クッションフロア代の約3,000円のみです。
もし、「廃材が手に入らない」場合でも、コンパネ代が2,000円くらいだとすれば、トータル5,000円くらいを見積もっておけばokです。

必要なものは下記をご参照ください。

DIYに必要なもの
  • 廃材またはコンパネ(厚さ1センチ以上が望ましい)
    (ちなみに、一枚の板で全部を作るよりは、複数枚で分解できたほうが搬入出が楽です)
  • お好きな色のクッションフロア
  • 丸ノコ(購入しなくても、ホームセンターでレンタルで十分です)

それでは工程を見ていきましょう。

工程①まずは段ボールで型どりをする!

工程ですが、まず最初は購入予定のコンパネと同じ大きさの段ボールを複数枚作るのが良いでしょう

そうすることによって、【コンパネが何枚必要なのか?】【コンパネ一枚に対して、どのような形に切ればいいのか?】が一目瞭然となるので、あとが楽になります。

複数、コンパネと同じ大きさの段ボールを作ったら、ガムテープでべたべたと床に貼り付け一枚に仕上げます。

一枚の大きな板に出来たら、タイヤハウスの周りやバックドア周辺の曲線など、細かく丁寧に切断していきましょう。

こちらで型どりは完成です。

工程②段ボールに合わせて、コンパネを切断する

次に、先ほど出来上がった段ボールを再度分解したあと、コンパネの上に置き、型どりをしていきます。

型どりが出来たら、あとは丸ノコでどんどんカットしていきましょう。

ちなみに、ホームセンターのカットでは、【曲線】や【途中で止める】といった特殊なカットができないため、自分でやるには必ず丸ノコが必要になります。

といってもわざわざ購入する必要はなく、ホームセンターでレンタルしている場合があるので、問い合わせてみてください。

カットが出来たら、もう完成したも同然です!

工程③車に運ぶ

完成したらさっそく、車に入れてみましょう!

上手くいけば一回でピタリとはまりますが、必要であればここで微調整します。

工程④クッションフロアをカットする

微調整も終わったら最後に、クッションフロアをカットしていきます。

型どりに関しては、最初に作った段ボールを利用しました。
クッションフロアはカッターで簡単に切り落とすことが出来ます。

この作業は、女性の私でも10分以内に終わらすことが出来ました。

それでは切り終わったら、車にすべてを搬入しましょう!

工程⑤搬入して終わり!

クッションフロアを敷くと、一気に「家のような感じ」が出ました!

ちなみに、下の廃材はそれぞれつなぎ合わせていませんが、ぴったりと型にはまっているのでずれることはありません。
こちらで完成です♪

ただ前述の通り、この方法では床の断熱はクッションフロアのみになります。
短期間の車中泊旅ならOKですが、「中長期の旅」を考えている方で「どうしても床の断熱をしっかりしておきたい!」という方は、下記方法もご検討ください

【車中泊DIY②】断熱材を足す!

床からの底冷えが心配な方は、断熱材を足しましょう。

断熱材①100均のアルミシートを使う

ダイソーにて

「簡単な方法が良い」
という方は、100均のアルミシートを同様にかたどって、板の下に取り入れてみましょう!

これだけでも、断然寒さや熱さを跳ね返してくれるようになります。
ホームセンターでも売っていますが、個人的には100均が一番安いように感じます。(あくまでも私目線)

ちなみに、似ている方法で段ボールを断熱材に使う方法もありますが、おススメしません。
何故なら、車内は(特に冬場)予想よりも遥かに湿気があります。

おそらくそんな中で使うと、すぐにカビだらけになってしまうため、アルミシートを使うようにしてください。

断熱②スタイロフォームを使う

次にスタイロフォームを使う方法です。

先ほどのコンパネに、角材などで足をつけてかさ上げをします。

段差がある面でも「横方向に角材をつける」ことで高さを上げつつも、フルフラットにすることが出来ます。
もしくは、私たちのようにコンパネではなく、最初から足の着いているすのこを使っても構いません。

次に、かさ上げが出来たら、断熱材を敷いていきます。
私たちは、スタイロフォームを使用しました。

貼り付けに関しては接着剤やガムテープで十分です。

断熱材に関しては、たったこれだけの工程です。
これもしっかりと底冷えを塞いでくれます。

わたなべ夫婦
もし時間とお金にあと少しだけ余裕があれば、この工程を挟むことをぜひ、おすすめします♪

最後に

いかがでしたか?

バンやハイエースなどの荷室でも、この通り簡単にフラットにできる事をご紹介しました。
是非、車中泊改造のDIYに役立ててください♪

わたなべ夫婦でした。

こちらの記事も人気です。