車中泊ベッドをDIY!伸縮性ベッドの作り方をご紹介♪

こんにちは!
車中泊で日本一周中のわたなべ夫婦です。

この度ベッドをDIYしてみましたのでその様子を記載させて頂きます(^^♪

車中泊ベッドをDIY!伸縮性ベッドの作り方をご紹介♪

今回作成したのは【伸縮性ベッド】です。

まずは完成図をご覧ください♪

こちらが作成したベッドの完成図です。

これがどんな風に伸縮するのかというと…

before

こんな感じで床のすのこが交互に打ち付けられているので伸び縮みする仕組みになっています!

さらに、伸縮して空いたスペースで食事や仕事が出来るように、収納椅子も作成しました。
この椅子と合わせて、全体がベッドになるように設計しました。

収納椅子

椅子も含めてベッドになる

それでは、作り方をご紹介します♪

【車中泊のベッドをDIY】伸縮性ベッドの作り方

今回、作成にあたって使用した材料は全てホームセンターで揃えました。
材料費は(椅子も含めて)13,000円で、作業日数はたったの3日です。
(ただし、夫婦二人で行ったので、一人でDIYするとしたら単純に倍の時間がかかると思います)

【車中泊のベッドをDIY①】まずは下準備!

まずは今回作成するベッドの設計図を作成したら、必要な木材をホームセンターで購入します。
ちなみに、今回使用した木材はベッドは「2×4」のみで、椅子は「2×4」と「コンパネ」を使用しました。

使用する木材は、事前にホームセンターでカットしてもらうのがオススメです。
1回30円と破格でカットしてくれます。

機械でしてもらうので、とても綺麗で、自分でやるよりか遥かに早いです。
ただし、0.1ミリ程度の誤差は発生しますが…私たちには問題ありませんでした。

カットしてもらった木材

【車中泊のベッドをDIY②】ベース【A】を作成

真上から見た図

まずは土台となる大きなベースを作成します。
上記の図では【A】にあたります。
ベースは下記の写真の通り、非常にシンプルなカタチです。

・4つの枠組みを四角形に組み合わせて、
・足を内側に打ち付けます

【車中泊のベッドをDIY③】更に足を追加し、耐久性アップ

ベースが出来たら更に足を追加して耐久性を高めます。

・枠の真ん中に更に足を計2本追加する
・更に床に接するように、支えとなる木を「コの字型」に打ち付ける

【車中泊のベッドをDIY⑤】すのこを置く部分を作成する

※こちらは、【A】と【B】の横幅が同一であれば必要のない作業です。

私たちは【B】が【A】に比べやや短くなるよう設計した為、伸縮性ベッドを短くしたときに、【B】のすのこが置けるように設計しなければなりませんでした。

そのため、下記のように【A】の左部分に板を足しました。

これでベースが完了です♪

【車中泊のベッドをDIY⑥】伸縮部分【B】を作成する

次に
・伸縮部分【B】を作成します。

このようにBの足ができたら、
・一番端にすのこを2本打ち付けます。
(写真ではもうすのこが付いている状態です)

【車中泊のベッドをDIY⑦】すのこを打ち付ける

すのこのイメージは下記のような感じです。

真上からみた図

・まずはAとBをかみ合わせてみます。

・次に【A】に置くすのこと【B】に置くすのこを、実際に並べてみます。

上にマットを置くので、目分量で構いません♪

ざっと確認してOKなら、

・すのこを打ち付けましょう。
ただし、【B】は片側だけに打ち付けるのでお間違いなく♪

【車中泊のベッドをDIY⑧】ストッパーを作成する

今回、このアイディアを出すのが最も苦労しました。
【B】の片側にストッパーが無ければ奥に行き過ぎてしまいますし、そもそも支えが無ければすのこが下に落ちてしまいます。

しかし、最初「木材」でストッパーをそのまま打ち付けると、伸縮する時にあまりに力が要ることが判明。
(【A】のすのこと擦れるため)
更に、【A】と【B】がそれぞれ独立しなければ車内への搬入作業の時、大変です。

上記2点の問題点を打破するために、私たちは【イレクターパイプ】を採用しました。

このようにイレクターパイプであれば、取り外しが可能なのです。
これで車内に搬入する際に、【A】と【B】をばらばらに持っていくことが可能になりました。
また、【A】のすのこと擦れることもなく、快適にするすると伸縮することも出来るようになりました。

ちなみに、イレクターパイプは「パイプカット」で簡単に(といっても力が要りますが)カットすることが出来ます。
わざわざ買わなくても、DIYコーナーにある事が多いので、一度ホームセンターに問い合わせてみてください(^^♪

これにて大方完成です!

【車中泊のベッドをDIY】収納椅子の作り方

次に収納椅子を作成します。
私たちは車内で仕事が出来るスペースが欲しかったので、椅子の作成が不可欠でした。

【車中泊のベッドをDIY⑨】まずはベースを作成

・まずは四角のベースを作成します。

ここでのポイントは、あえて一辺だけ2センチ下に下げる事です。

こうすることで、上から蓋を閉じた時でも、手を挟みません
(こんなイメージです↓↓)

【車中泊のベッドをDIY⑩】足を打ち付ける

・次に足を打ち付けます

【車中泊のベッドをDIY⑪】コンパネを打ち付ける

外側にはコンパネを貼り付けます。
(元から全てコンパネで作っても良かったのですが、耐久性が心配だったので今回はこのような設計にしました)

試しに蓋を置いてみると、もうカタチになってきましたね☆

【車中泊のベッドをDIY⑫】蝶番を付ける

・最後に蓋部分と本体に蝶番を付けます。

しかし、ココで先程打ち付けた板が邪魔になるというミスが発生してしまいました(^^;

先に蝶番のサイズを見てから板を調節したほうが良さそうです。

ともあれ、蓋がひっつきました!

これで収納椅子が完成です!

最後に…

これで全体を合わせて横幅120センチ、縦190センチのセミダブルベッドが完成しました!

DIY初心者でしたが、意外と作ってみると簡単でした(^^♪
是非車内の有効活用をしたい方は、お試し下さい☆

わたなべ夫婦でした!

DIYまとめはコチラ
▼私たちのボンゴバンのDIYをご紹介します!

【車中泊DIY】中古バンを車中泊仕様に改造!全部ご紹介します♪

2019年3月3日

こちらの記事も人気です。