【解説】キャプチャーボードを使ってYouTubeでゲーム実況のライブ配信をする方法【Android】【GC550 PLUS】

キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ 雑記

今回はキャプチャーボードの「AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS」を使って、スマホゲームのYouTubeライブ配信をする方法について簡単に解説します。

これは僕が実際にゲーム実況でやっているやり方ですので、ぜひ信頼していただければと思います。

是非、当ブログのやり方を参考にしてください♪

今回は、Androidスマホのゲーム実況のやり方を解説しています。
ただ、PS4やSwitch、iPhoneのゲーム実況においても基本的なやり方は同じですので、参考にしていただければと思います。

ゲーム実況に使用する機材について

Androidスマホのゲーム実況配信には、下記の機材が必要になります。

  • スマホ
  • パソコン
  • キャプチャーボード
  • エンコードソフトウエア(パソコンソフト)
  • USBからHDMI端子に変換するケーブル
  • マイク(パソコンに接続)
そして、これらを接続したときのイメージは下記です。
※「USBからHDMI端子に変換するケーブル」は、スマホとキャプチャーボードを接続するときに使います。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ

公式サイトより

この画像では、HDMIでテレビ・モニターにも接続していますが(パススルー接続といって、遅延なしでゲームの映像や音声が表示できます)、僕が実際にプレイした感じだとパソコン接続だけでも十分ゲームができました。

PUBGモバイルのような動きの激しいゲームも余裕でできましたので、遅延はほとんど感じなかったです。

ここからは、実際に僕が使っている機材をご紹介します!

キャプチャーボード

キャプチャーボードは、「AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS」という商品を使用しています。

ほぼ遅延なしでキャプチャーできるので、別のモニターやテレビを用意せずにパソコンだけで配信できます。

ライブ配信時の遅延は、ネット回線の速度などによって起こります。「遅延なし」とは、あくまでもゲーム画面とキャプチャーしたパソコン上の画面の遅延のことです。

また、専用のエンコードソフトウェアである「RECentral」が直感的で使いやすいのも◎
具体的なライブ配信のやり方は後で説明しますが、専門的な知識なしであっという間に設定が完了するので初心者の方にもおすすめです♪

USBからHDMI端子に変換するケーブル

スマホをキャプチャーボードに接続するためには、スマホのUSB端子をHDMI端子に接続するケーブルが必要です。

これはキャプチャーボードには付属していないため、別に購入しましょう。
(※HDMI端子どうしを繋ぐケーブルは一本付属しています)

僕は下記の商品を使用しています。
「4K@60Hzから1080pまで対応」とのことで、高画質の映像のキャプチャーにも最適なケーブルとして評価が高いです。

マイク(PCに接続)

ゲーム実況をする場合、プレイ映像に自分の声を入れる必要があります。

そのため、パソコンにUSB接続できるマイクを別に購入しておきましょう。

僕は下記の商品を使っています。
3千円ほどとお手頃価格で、性能や音質も特に問題ありません♪

YouTubeでゲーム実況ライブ配信をする方法

キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
ここからは、キャプチャーボードを使ってYouTubeでゲーム実況を配信する具体的な方法について解説します!

キャプチャーボードの設定方法(GC550 PLUS)

まずは、GC550 PLUSの公式サイトから、ソフトウエアとドライバーをインストールします。
下記の「DOWNLOAD」ボタンを押して、表示される指示に従って進めましょう。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
次に、キャプチャーボードの接続です。

スマホとキャプチャーボード、キャプチャーボードとパソコンをそれぞれケーブルでつなぎます。

キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
キャプチャーボードとパソコンを繋ぐときは、HDMI端子どうしではなく、USB端子に接続するので注意してください。

実はこれだけで、スマホの画面がパソコンにキャプチャーされるようになります!
先ほどインストールした「RECentral」を起動すると、スマホの画面がパソコン上に写し出されていると思います。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ

YouTubeライブの設定方法

キャプチャーボードの準備が終わったら、次はYouTubeライブの設定です。

YouTube上の「クリエイターツール」の「ライブストリーミング」を開きましょう。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
赤丸のところでサムネイルを変更し、下記の赤丸では説明欄を変更できます。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
そしてここからが、ライブ配信ならではの設定になります。
下記は、「ストリームキー」と呼ばれるものです。このキーをエンコードソフトウエアの「RECentral」に入力することで、キャプチャーした映像をYouTubeライブで配信できるようになります。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
「RECentral」の左下に「ライブ配信プラットフォーム」という項目があるので、ここの+マークをクリックします。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ
すると、下記のようなウィンドウが表示されるので、ここに先ほどYouTubeライブの設定画面で表示されていた文字を入力します。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ

これで、設定は完了です!
あとは、右下の「STREAM」というボタンをクリックすると、YouTubeライブが自動的に開始されます。
終了するときは、同じく「STREAM」のボタンをクリックするとライブを終えることができます。
キャプチャーボード GC550 PLUS YouTubeライブ

だいき
実は、重要な設定はこれだけなんです!意外と簡単ですよね♪

さいごに

以上、キャプチャーボードを使ってYouTubeでゲーム実況を配信する方法についてご紹介しました。

キャプチャーボードは少し値が張りますが、一度機材をそろえて設定してしまえば、簡単かつ快適にゲーム実況の配信ができるようになります!

それでは、快適なゲームライフを!

関連記事