【保存版】ユーザー車検のメリット・デメリットは?予約方法や費用、やり方を全部まとめました。

雑記

こんにちは! 車中泊で日本一周中のわたなべ夫婦です。

ユーザー車検のメリットとデメリットは?
ユーザー車検って本当に安くなるの?おすすめ?
ユーザー車検の具体的なやり方は?

とお困りの方に、私たちの経験談をもとに、ユーザー車検の気になるポイントについて徹底解説します!

ぜひ、皆さんの快適でお得なカーライフにご活用ください!

ユーザー車検のメリットとデメリットとは


まず、ユーザー車検のメリットとデメリットを簡単に挙げてみます。

ユーザー車検のメリット
  • 車検費用が安く済む
  • メンテナンス(整備)が車検を通すための最小限に抑えられる

ユーザー車検のメリットで一番大きいのは、費用が安くなることに尽きるでしょう。

業者に車検を代行依頼せず、自分で陸運局に車を持っていくため余計なコストがかかりません。
また、点検整備も車検を通すための最小限で済むので、整備も抑えられます。

ユーザー車検のデメリット
  • 平日の日中に行う必要がある
  • 車の点検(法定整備点検含む)は別途行う必要がある

逆に、ユーザ車検のデメリットとしては、面倒であることでしょう。

運輸局(陸運支局)は平日の朝~夕方までの営業なので、ユーザー車検を受けるためにはどうしてもその時間を確保する必要があります。

また、ユーザー車検は「その車が公道を走っていいか検査するだけ」なので、車の点検をするなら別途業者に頼むなりする必要があります。
普通乗用車であれば、法定整備点検が12ヶ月ごとに定められていますが、ユーザー車検をしても法定整備点検をしたことにはならないので注意が必要です。

業者に車検を頼むなら「楽天車検」がおすすめです!

業者に車検を依頼するなら、「楽天車検」がおすすめです。

別に楽天が車検をしてくれるわけではありませんよ!
楽天車検でエネオスやオートバックスなどのショップで車検の見積もり予約をお願いすることができるのです。

楽天車検のメリット
  • 事前に口コミで評判を確認できる
  • 利用するだけで楽天ポイントが貯まる

今なら、楽天車検を利用するだけで500ポイント以上獲得でき、さらにDr.Drive(エネオス)やオートバックスなどキャンペーン中の店舗で車検を実施すると更にポイントゲットできるので、直接店舗に予約するよりはるかにお得になります。

自宅近くの車検業者が一覧で表示され、口コミや見積り金額を比較しながら選ぶことができます。
見積りだけならもちろん費用はかかりませんので、まずは楽天車検で見積りの予約をしてみましょう!

ユーザー車検の費用について

次に、ユーザー車検の費用について説明します。

私たちはユーザー車検に際して、以下の費用が発生しました。
いずれも、車検当日に運輸支局の窓口で支払ったものです。

【支払った費用】
  1. 自動車重量税印紙代(12,300円)
  2. 自動車検査登録印紙代(400円)
  3. 自動車審査証紙代(1,300円)
  4. 自賠責保険料(17,350円)
というわけで、合計31,350円でした!
あわせて読みたい
ユーザー車検費用について、詳しくはこちらをご覧ください。

【最新版】ユーザー車検の費用を徹底解説します!業者の車検との比較も。

2019年3月4日

【簡単】ユーザー車検の具体的な流れ

ユーザー車検は、実は超簡単です。

これから、ユーザー車検の「当日までにすること」と「当日にすること」を順番に解説してきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

ユーザー車検当日までにすること

ユーザー車検に必要な書類と自主点検

まずは、ユーザー車検に必要な書類と、車検前に自主点検しておくべき項目を確認しましょう。

実は、ユーザー車検を受けるときに特に新しく準備する書類はありません
基本的には、車検証の入っている書類一式と現金を持って運輸支局の窓口に行けば大丈夫です!

また、ユーザー車検本番前には、できる範囲で自主点検しておくことをお勧めします。
車検では様々な項目が検査されるのですが、初心者でも目視で最低限確認できることはあります

あわせて読みたい
ユーザー車検の必要書類と事前点検すべき項目について解説しています。

【体験談】ユーザー車検の必要書類と事前点検すべき項目を解説。

2019年3月4日

陸運局にユーザー車検を予約する

「いつ車検を受けても大丈夫だぞ!」という状態になったら、次は車検の予約をしましょう。

インターネットで24時間予約受付可能なので、手の空いた時に気軽に予約できるのが良いですね♪

あわせて読みたい
ユーザー車検の予約方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

【解説】ユーザー車検で陸運局に予約する手順。

2019年3月4日
こちらの「自動車検査インターネット予約システム」から会員登録して、予約することができます。

ユーザー車検当日にすること

検査ラインの様子

ユーザー車検当日は、以下の流れで進めていきます。

ユーザー車検受験の手順
  1. 窓口で書類作成&諸費用の支払い
  2. 検査ラインで車検を受ける
  3. 【参考】もし不備があって落ちてしまったら

ユーザー車検合格後の手順

  1. 書類一式を窓口に提出
  2. 新しい車検証を受け取り、ステッカーを貼り替える

詳細は、以下の記事にまとめましたのでぜひご一読ください。

あわせて読みたい
ユーザー車検を受けるなら、必見の内容です!

【簡単でした】ユーザー車検の手順。やり方・方法を徹底解説します。

2019年3月4日

以上で、ユーザー車検は終了です!!

わたなべ夫婦
ユーザー車検は意外と簡単です!車検代を安く済ますことができるので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください♪

業者に車検を頼むなら「楽天車検」がおすすめです!

業者に車検を依頼するなら、「楽天車検」がおすすめです。

別に楽天が車検をしてくれるわけではありませんよ!
楽天車検でエネオスやオートバックスなどのショップで車検の見積もり予約をお願いすることができるのです。

楽天車検のメリット
  • 事前に口コミで評判を確認できる
  • 利用するだけで楽天ポイントが貯まる

今なら、楽天車検を利用するだけで500ポイント以上獲得でき、さらにDr.Drive(エネオス)やオートバックスなどキャンペーン中の店舗で車検を実施すると更にポイントゲットできるので、直接店舗に予約するよりはるかにお得になります。

自宅近くの車検業者が一覧で表示され、口コミや見積り金額を比較しながら選ぶことができます。
見積りだけならもちろん費用はかかりませんので、まずは楽天車検で見積りの予約をしてみましょう!

「楽天ポイントは普段貯めてないよ」という方は

楽天のサービスになじみのない方は、カーセンサーで車検見積もりをするのもおすすめです。

こちらも楽天車検と同じように、車検対応可能な近くの業者が一覧で表示され、費用の見積もりを比較しながら検討することができます。

\地図から店舗を探せます!/

関連記事