【解説】ユーザー車検で陸運局に予約する手順。

雑記

こんにちは! 車中泊で日本一周中のわたなべ夫婦です。

ユーザー車検って予約しないといけないの?
陸運局に予約する方法は?

とお困りの方に、私たちの経験談をもとに、ユーザー車検の予約の手順について徹底解説します!

ぜひ、皆さんの快適でお得なカーライフにご活用ください!

陸運局にユーザー車検を予約する具体的手順

ユーザー車検は、陸運局に自分で車を持ち込んで車検をする車検方法です。

陸運局に事前に予約をしておけば、当日混雑することもなくスムーズです。

わたなべ夫婦
それでは、陸運局にユーザー車検を予約する手順を解説します。

①:予約のトップページを開く


ユーザー車検は、「自動車検査インターネット予約システム」で予約をすることができます。

24時間予約受付可能なので、手の空いた時に気軽に予約できるのが良いですね!

②:アカウント登録をする


「新規アカウント登録」をクリックして、アカウント登録ページを開きましょう。

必要事項を入力すると、登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、本文中にあるURLをクリックすることでアカウント登録は完了します。

③:ログインしてトップページを開く


ログインしてトップページを開いたら、左側にある「検査の予約」をクリックしましょう。

予約ページに進むことができます。

④:ユーザー車検をする陸運局を選ぶ

次に、実際にユーザー車検をする陸運局と、車検の種類等を選びましょう。
ほとんどの方は、「継続検査」になると思います。

「継続検査」であれば、陸運局は全国どこで受けても大丈夫です。(住民票や使用の本拠の位置がある場所でなくともOK)

⑤:ユーザー車検をする日時を選ぶ


最後に、ユーザー車検をする日時を選びます。
平日の午前・午後した受付をしていませんのでご注意ください。

また、車の「型式」などを入力する必要があるため、車検証を手元に準備しておきましょう!

  • 当日予約は午前のラウンドは当日8:00まで、午後のラウンドは当日12:00まで受け付けています。
  • 15日先(土・日・祝含む)までの予約が可能です。

⑥:「予約番号」はお忘れなく

指定した日時で予約ができると、確認メールが届きます。

予約時に発行される「予約番号」は、ユーザー車検当日に必要になりますので、すぐわかるようにしておきましょう。

わたなべ夫婦
以上でユーザー車検の予約は完了です!

業者に車検を頼むなら「楽天車検」がおすすめです!

業者に車検を依頼するなら、「楽天車検」がおすすめです。

別に楽天が車検をしてくれるわけではありませんよ!
楽天車検でエネオスやオートバックスなどのショップで車検の見積もり予約をお願いすることができるのです。

楽天車検のメリット
  • 事前に口コミで評判を確認できる
  • 利用するだけで楽天ポイントが貯まる

今なら、楽天車検を利用するだけで500ポイント以上獲得でき、さらにDr.Drive(エネオス)やオートバックスなどキャンペーン中の店舗で車検を実施すると更にポイントゲットできるので、直接店舗に予約するよりはるかにお得になります。

自宅近くの車検業者が一覧で表示され、口コミや見積り金額を比較しながら選ぶことができます。
見積りだけならもちろん費用はかかりませんので、まずは楽天車検で見積りの予約をしてみましょう!

「楽天ポイントは普段貯めてないよ」という方は

楽天のサービスになじみのない方は、カーセンサーで車検見積もりをするのもおすすめです。

こちらも楽天車検と同じように、車検対応可能な近くの業者が一覧で表示され、費用の見積もりを比較しながら検討することができます。

\地図から店舗を探せます!/

あわせて読みたい
ユーザー車検の予約方法や費用、やり方についてまとめています。

【保存版】ユーザー車検のメリット・デメリットは?予約方法や費用、やり方を全部まとめました。