【簡単でした】ユーザー車検の手順。やり方・方法を徹底解説します。

雑記

こんにちは! 車中泊で日本一周中のわたなべ夫婦です。

ユーザー車検に興味があるけど、自分でできるか不安。
ユーザー車検の検査項目は何?初心者でも大丈夫?

とお困りの方に、私たちの経験談をもとに、ユーザー車検当日の手順について徹底解説します!

ぜひ、皆さんの快適でお得なカーライフにご活用ください!

ユーザー車検の書類作成方法と窓口での手続き

窓口

ユーザー車検に向かう前に、あらかじめ以下の書類等を準備しておきましょう。
これらは当日窓口で必要になるので、忘れないように注意してください。

持参するもの
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 更新される車検証の有効期間を充足している自賠責保険証明書
  • 現金(クレジットカード不可)
  • 印鑑(所有者以外が更新手続きをする場合)

そして、ユーザー車検では、あらかじめ予約した時間に陸運局を訪れるようにしましょう。
陸運局に事前に予約をしておけば、当日混雑することもなくスムーズです。

あわせて読みたい
ユーザー車検の予約方法について解説しています。

【解説】ユーザー車検で陸運局に予約する手順。

2019年3月4日

まずはユーザー車検の窓口に行きます。

ユーザー車検を受けたいので書類をください!

と窓口の方にお願いしましょう。書類一式を受け取るとこができます。

窓口で受け取る書類
  • 検査票
  • 重量税納付書及び重量税印紙
  • 継続検査申請書(OCRシート)

検査票(クリックで拡大します)

自動車重量税納付書(クリックで拡大します)

継続審査申請書(クリックで拡大します)

記入例や案内に従い、書類を記入していきます。
自動車重量税の支払いや自賠責保険の加入ができる窓口は別にあることがありますので、決められた窓口まで出向き要件を申し伝えましょう。

なお、ユーザー車検予約を行った際に発行された予約番号(下四桁のみ)を検査票の下の欄に記入しておきます。

書類の記入をはじめ、印紙の購入自賠責の加入などが終わったら、最初に訪れたユーザー車検受付窓口に書類一式を提出します。
その後、検査ラインに車を移動させるよう案内されますので、書類一式を持って各自で車を動かします。

参考までに、岩手運輸支局で配布されている「手続きのご案内」を添付しておきます。同様の案内が各運輸支局に用意されていると思いますので、適宜ご覧ください!

ご案内(クリックで拡大します)

検査ラインでユーザー車検を受ける手順

検査ラインの様子

自分の順番が回ってきたら

検査ラインで自分の順番が回ってきて、検査官の方に話しかけられたらまず最初にすることがあります。

それは、

すみませんが、ユーザー車検は初めてなのでよくわかっていません。ご指導お願いします!

と初心者アピールすることです。

基本的に、ユーザー車検の大半の行程では、自分で検査の機械を操作し、自分で進めていきます。
なので、やり方がわからずあたふたしてしまうと、検査に通らないばかりか後続に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

というわけで、ユーザー車検初挑戦の方は、恥やプライドなんて捨てて全力でヘルプを求めた方が安心です。

私たちの時は、検査官の方が最後まで検査の補助をしてくださいました。

わたなべ夫婦
検査官の方には、優しく丁寧に教えていただけました♪

検査項目1:同一性の確認&外観検査

【同一性の確認】

検査官の方に声を掛けられる

まず最初に行われるのが、検査コース入口での同一性の確認です。
基本的に、検査官の方の指示にただただ従っていれば問題ありません。

この検査では、車両本体と書類の記載内容の一致を確認します。
検査官には、車両に打刻されている車台番号(運転席近くにあることが多い)とエンジンに打刻されている原動機型式をチェックされます。

ワンポイント
事前にボンネットの開け方を確認しておきましょう!
【外廻り検査】

指示に従ってウィンカーなど出していく

続けて検査官の指示により、外観検査を行います。

検査官
はい、ウインカー!ロービーム!ハイビーム!ワイパー!
という感じで指示されますので、その通りに車を操作していきます。

検査官はまず前方を確認後、自動車の後方へ向かいながら、タイヤのホイールナットをハンマーで叩き、打音を通じてナットに緩みがないかの確認を行います。

検査官が自動車の後方へ移動したら、また同様に指示に従い車を操作します。
同一性の確認・外観検査ともに問題がなければ、検査票に合格の押印をしてもらえます。

ワンポイント
検査の妨げになるので、ホイールキャップはあらかじめ外しておきましょう!

【この検査項目の参考動画】

検査項目2:排気ガス検査

同一性の確認&外観検査を終えると、車を前に進め、検査ラインに入ります。

ここでは、排気ガス検査を行います。
記録器の横に設置されている、排出ガス検査機器から伸びている器具を自動車のマフラーに差し込みます。

前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。マフラーから器具を抜き出し、元の位置へ戻します。
記録器に検査票を挿入し記録を行ったのち、車を前進させます。

【この検査項目の参考動画】

検査項目3:サイドスリップ検査

鉄板の上をまっすぐ進む

サイドスリップ検査とは、前輪タイヤの横滑り量を測定する検査です。

検査方法は、検査コースのラインにタイヤを合わせ、ゆっくりと歩くように鉄板の上を走行します。(オートマ車の場合は、クリープ現象で進みながらブレーキを踏む感じです)

この時ハンドルを切ると正確に測定ができないようなので、ハンドルは切らずに「添えるだけ」で大丈夫です。真っ直ぐ前進してください。
鉄板の上を通過して、前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。

【この検査項目の参考動画】

検査項目5:スピードメータ検査

時速40kmに達したらパッシングで合図する

次は、スピードメータ検査です。

まず、タイヤを所定の場所(ローラーがある)に移動させます。
前方の電光表示機に「40キロでパッシング」と表示されたら、ゆっくりとスピードを上げていってください。この時、ハンドルは真っ直ぐしっかりと握っておいてください。

スピードメータが40キロを指したら、パッシングで合図をします。基準を満たしていれば電光表示板に「○」が表示されます。

【この検査項目の参考動画】

検査項目6:ヘッドライト検査

ヘッドライトの向きを検査

スピードメータ検査を終えると、続けてその場でヘッドライト検査に移行します。

電光表示機に指示に従い、ヘッドライトをロービームで点灯させてください。
ヘッドライトテスタという機械により、ヘッドライトの光量・光軸の測定がされます。基準範囲内であれば「○」が表示されます。

【この検査項目の参考動画】

検査項目4:ブレーキ検査

指示に従ってブレーキをかける

次は、ブレーキ検査です。

エンジンはかけたまま、ギアはニュートラル(N)へ入れておきます。
前方の電光表示機に従い、フットブレーキと駐車ブレーキの検査をします。

前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。

すべて〇の表示が出れば合格!

検査後は、車を次の停止線まで前進します。
停止線で自動車を停止させ降車すると、検査結果を印字する記録器が設置されています。記録器に検査票を挿入し記録を行ってください。

【この検査項目の参考動画】

検査項目7:下廻り検査

車の下の状態をチェックされる

次は、下廻り検査です。

ゆっくりと車を前進させ、中央が空洞になっている検査機器の「停止位置」に駐車し、エンジンを切ります。(駐車ブレーキは引かない)

検査官の方が、車の下からトンカチで車をトントン叩いて検査をします。(まあまあ揺れますw)

電光表示機に指示が表示されるので、その指示に従い、ブレーキを踏んだり、ハンドルを動かしたりといった操作をしてください。
電光表示機に「○」が表示されたら、エンジンをかけ自動車を前進させます。記録器に検査票を挿入し、記録を行ってください。

検査は以上で終了となります。

【この検査項目の参考動画】

総合判定

全ての検査が終了したら、検査コース出口付近の「総合判定窓口」に書類一式を提出します。

こちらで検査の総合判定を行い、問題がなければ検査票右下の「審査結果通知欄」に合格の押印をしていただけます。

もし不備があって落ちてしまったら・・・

ゆみ
もし、不合格になっても安心してくださいね!
検査項目のうち、どこか一つでも不備があれば不合格となってしまいます。

検査票には不備の内容が記入されるので、「なぜ落ちてしまったか」はわかります。
不合格でも気を落とさず、不備の箇所の是正を行い、もう一度受検にチャレンジしましょう!

だいき
2回目以降は、不備があった箇所のみの検査で済むので時間短縮で便利です♪
再受験に関しては、当日中であれば窓口に立ち寄る必要なく検査ラインにいきなり並んでしまっても大丈夫です。
追加料金もかからないので、できるだけ当日中に不備を修正して再受験するようにしましょう!

【参考】予備検査場について

運輸支局の近辺には、「予備検査場」と呼ばれる民間の検査場があります。

こちらは「車検を通すための調整をしてくれる工場」とも言えます。
サイドスリップ検査・調整、各ブレーキ・スピードメーター検査、ライトの光軸検査・調整、排気ガス検査・調整などを有料で行ってもらえるので、不備があった項目を伝えて調整してもらうようにしましょう。

利用料金は、1,500円~3,500円ぐらいが一般的とのことです。
(地域によっては予備車検場がなかったり、受付不可の場合もあるそうです)

当日中に合格できなかった場合は

だいき
予備検査場でも調整不能な不具合がある場合など、当日中の車検合格が難しいときは以下をご覧ください。
車検実施日から2週間以内であれば、不備があった箇所のみの検査で済みます。

その場合は、不合格になった当日中に窓口で「限定自動車検査証」の申請を行い、交付を受けておく必要があります。(不合格になったからといって、そのまま帰ってはいけませんよ!

なお、限定自動車検査証の交付は無料となっていますが、後日、再検査を受ける際に検査手数料がかかります。

ユーザー車検合格後にすること

書類一式を窓口に提出する

窓口に戻って書類を提出

検査に合格したあとは、書類一式を車検証交付窓口へ提出します。(そのまま帰ったらダメですよ)

数分待つと、新しい車検証とステッカー(検査標章)を交付してもらえます。

車に戻ったら、早速古いステッカーをはがして、新しいステッカーに張り替えましょう!

以上で、ユーザー車検は終了です!

わたなべ夫婦
どうでしたか?ユーザー車検は意外と簡単です!車検代を安く済ますことができるので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください♪

業者に車検を頼むなら「楽天車検」がおすすめです!

業者に車検を依頼するなら、「楽天車検」がおすすめです。

別に楽天が車検をしてくれるわけではありませんよ!
楽天車検でエネオスやオートバックスなどのショップで車検の見積もり予約をお願いすることができるのです。

楽天車検のメリット
  • 事前に口コミで評判を確認できる
  • 利用するだけで楽天ポイントが貯まる

今なら、楽天車検を利用するだけで500ポイント以上獲得でき、さらにDr.Drive(エネオス)やオートバックスなどキャンペーン中の店舗で車検を実施すると更にポイントゲットできるので、直接店舗に予約するよりはるかにお得になります。

自宅近くの車検業者が一覧で表示され、口コミや見積り金額を比較しながら選ぶことができます。
見積りだけならもちろん費用はかかりませんので、まずは楽天車検で見積りの予約をしてみましょう!

「楽天ポイントは普段貯めてないよ」という方は

楽天のサービスになじみのない方は、カーセンサーで車検見積もりをするのもおすすめです。

こちらも楽天車検と同じように、車検対応可能な近くの業者が一覧で表示され、費用の見積もりを比較しながら検討することができます。

\地図から店舗を探せます!/

あわせて読みたい
ユーザー車検の予約方法や費用、やり方についてまとめています。

【保存版】ユーザー車検のメリット・デメリットは?予約方法や費用、やり方を全部まとめました。

2018年10月11日

関連記事