【決定版】JAFと自動車保険のロードサービスを比較してわかったこと【両方必要です】

雑記

こんにちは!車中泊で日本一周中のわたなべ夫婦です。

任意の自動車保険に付帯しているロードサービスだけで十分?
JAFは入る必要ない?

とお困りの方に、JAFと自動車保険のロードサービスの必要性について解説します!

結論から言うと、私たちは「両方必要」だと考えています。

「保険のロードサービスがあるから、JAFは不要でしょ!」と思われている方も、ぜひ一度本文を読み進めてみてください。

この記事が、皆さんのカーライフに役立てれば嬉しいです。

【注意】自動車保険のロードサービスにはデメリットもある

車を運転する時に必ず備えておくべきと言っていいのは「ロードサービス」です。

ロードサービスというとJAFのイメージが強いかもしれませんが、ほとんどの保険会社では独自にロードサービスを提供しています。

そんな中、「自動車保険に付帯しているロードサービスで十分でしょ!」とお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、本当にそうでしょうか?

実は、自動車保険に付帯しているロードサービスにもデメリットがあります。

それは、各保険会社によって利用回数や利用する場所などに制限がある場合があることです。

例えば、「バッテリー上がりやガス欠は保険期間中に1回のみ使用可能」「砂浜や河原など道路以外の場所ではサービスを利用できない」さらに、「レッカー車で車を運ぶ際の距離や、宿泊・帰宅などにかかる費用に上限が定められている」など、サービスを受ける条件が細かく設定されています。

ご自身の契約している保険会社のサービス内容をしっかりと確認しておきましょう。

私たちは、こうしたデメリットを補うためにも、自動車保険のロードサービスに加えてJAFにも契約しておくことをおすすめしています。

以下は、チューリッヒのロードサービスでは適用外のサービスですが、JAFであれば対応可能なものです。

  • タイヤチェーンの脱着作業
  • 雪道においてノーマルタイヤでの走行時に起こったスタック
  • 砂浜などの通常の走行に不適切な場所、立入りが禁止されている場所においての救援作業
  • クレーンを使った車両引上げ作業
自動車保険のロードサービスでは、雪道やクレーンの作業が対象外なのが不安ですね。
「万一の時」に備えるロードサービスとしては、やはりサービス内容に抜けや漏れがないようにしておきたいものです。

ちなみに、自動車保険のロードサービスを利用する時に気になるのが「等級」ですが、結論だけ言いますと、自動車保険のロードサービスを利用しても等級は下がりませんのでご安心ください。

あわせて読みたい
ロードサービスと等級の関係については以下の記事をご覧ください。

【解説】自動車保険のロードサービスを使っても等級は下がりません。

2019年3月2日

【結論】自動車保険のロードサービスとJAF、両方に入る方が安心


わたなべ夫婦
私たちとしては、自動車保険のロードサービスとJAF、両方に入ることをおすすめします!

「両方入るって、意味がないのでは?」と思われるかもしれませんが、全然そんなことはありません!
意外と、自動車保険のロードサービスとJAFは相性がいいんです。

例として、チューリッヒとJAFのロードサービス内容を比較してみましょう。

内容 レッカー範囲 落輪 ガス欠 バッテリー上り スペア交換 キー閉じ込み 宿泊費用 帰宅費用 車両搬送
チューリッヒ 100km 無制限*
1回のみ
1回のみ 無制限 1回のみ 全員全額 全員全額 無制限
JAF 15km 無制限 有料 無制限 無制限 無制限 なし なし なし

*クレーン作業は有料

ご覧のように、両者にそれぞれメリットがあることがわかります。
加えて、JAFなら雪道やクレーンの作業などもサービス対象内になるなので安心です。

自動車保険とJAFのロードサービスにはそれぞれの良さがあります。
いずれにせよ、充実したロードサービスを受けられるように備えておくことが安心安全のカーライフには不可欠ですね。

JAFの入会を検討されている方へ

ここでは、JAFの入会を検討されている方へ向けて、JAFのポイントを簡単に解説します。

一般的に、JAFのポイントは以下の2点だと言われています。

  • 「車」ではなく「会員」が契約対象

JAFは「車」単位のサービスではないので、家族の車やレンタカーなど、他の車を運転する機会(同乗中も含む)がある場合には、メリットがあります。

  • 会員優待が受けられる

JAF会員証を提示することで、全国各地のテーマパークやグルメ、ショッピング、温泉などにおいて優待を受けることができます。

JAFの費用としては、入会金が2,000円(オンライン割引で1,500円)、年会費が4,000円かかります。

これをどう捉えるかですが、「お守り代わり」と思えばそれほど高い金額ではないのかなとは思います。

しかも、実は、JAFと提携している優待店ってかなり多いんです。
JAF会員限定の割引クーポンが色んな場所で使えるので、これだけで意外と年会費分以上お得になったりします。

道の駅や日帰り温泉、レジャー施設など、車で旅行などする時によく立ち寄るスポットに優待店が多いので、使えるシーンは多いと思いますよ!

さいごに

今回は、自動車保険のロードサービスとJAFのロードサービスを比較検討しました。

ロードサービスの充実は、安心・安全なカーライフに必要不可欠なものです。
この機会に、自動車保険とJAFのロードサービスの併用をぜひご検討ください!

あわせて読みたい
車で旅行するなら、こちらの準備はお済みですか?

【日本一周夫婦が厳選】車で旅行する前に準備すべきこと8選!

2019年1月10日

関連記事