投資初心者にオススメの本→「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」

レビュー


このごろ、本屋で大々的に
ピックアップされている本があります。

それがコチラ

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」

かなり売れているみたいで、
読んでみたい気持ちもありましたが、

「内容が薄そう(失礼)」
と思って読んでいませんでした(笑)

しかしある日、この本がKindle Unlimited
読み放題で無料で読めることを発見!

さっそく読んでみたので、
レビューします。

 

結論としては思っていたよりも
「良本」でした!

もっとつまらない図解ばかりの本(失礼w)
だと思っていましたが、

投資のプロである
山崎元(やまざきはじめ)さんからの
アドバイスは簡潔的ですが正論。

「長期投資をしようと思う方」は
まず初めに、この本でプロの
山崎さんの考えを吸収しておいて
損はありません。

とはいえ、オススメできるのはあくまでも
「投資初心者のかたのみ」です。

理由も含め、感想を書いていきますね。

投資を勉強する、最初の一冊に最適

この本では、

  • 銀行には近づくな
  • ネット証券はどこでもいい
  • 難しく考えないなら、
    国債と株(投資信託)を買っとけ
  • 株はアクティブではなくインデックスを買え
  • 医療保険は入らなくて良い
    (高額療養費制度で十分)
  • 生命保険は超最低限の掛け捨てなら良い

などなどのアドバイスが、
とっても簡潔に書かれています。

そして、この本に書かれている
これらのアドバイスは、

基本的には「すべて正しい」ので
初心者のかたにはまず
最初に読む一冊としてオススメします!

 

…と、なぜ私が言い切れるのかというと(笑)、

それは私がこの本よりも前に読んだ
たくさんの投資の本から学んだことと、
この本の内容が同じ
だったからです。

もうちょっとわかりやすく言うと、
投資のプロが書いた多くの本は結局、

この本の内容と同じであることが多いです。

「アクティブファンドはやめろ」
「銀行の外貨預金はやめろ」
「投資の対象は海外、日本で半々になるように…」
などなど。

ようはプロでも、考えることは
みんな一緒なんですね(笑)

 

そしてこの本にはそういった
「多くのプロが考える投資方法」
というものが、ぎゅぎゅっと全部、
分かりやすくまとめられています!

つまり、

まずはこの本を読んでおけば、
投資プロの考えかたを一気に吸収できる
のです!

だから今まで投資の本を読んだことのない
初心者のかたにオススメの一冊なのです♪

この本をオススメできないひと

なので、ここまで読んでいただければ
お分かりの通り、

  • 今まで投資の本をたくさん読んだ人

にはこの本は、オススメできません(^^;

何故なら、この本に書かれているのは
「投資のプロが考える一般論」程度のことで
それ以上のことは書かれていません。
(そもそも初心者向けの本なので!)

ということは、
たくさん勉強した方からすれば、
「もう、知ってることばっかりだった…」
とガッカリする可能性が高いでしょう。

あとは、

  • 「なぜ?」と思慮深いひと

にも、あまりオススメできません。

というのも、この本では
結論を簡潔に書いているため、

どうしてこの商品をオススメするのか?
どうして、これは辞めておくべきなのか?

といった”理由”が、
あまり詳しく書かれていないのです。

 

例えば、
「理由を話しても分からないだろうから、
外貨預金はやらないとだけ決めておけ。」

と言ったような感じで
ササッと片付けられます(笑)

なので「どうしてダメなの…?」と考えて
そこから先にすすめなくなってしまう方には、
この本は相性悪そうです。

 

…といっても、
最初はこの本でざっくり概要をつかんだのち、
あとは別の本で詳細を勉強する!
という方法なら、オススメできます。

最初の一冊にどうぞ!

ということで、もう一度まとめると、
この本は

初心者の方が投資のプロの考え方を
一気に吸収するのに最適な一冊

です!

専門用語もなく、
かなり分かりやすく書かれているので
オススメですし、

何より「これを買えば良い」
といった具体的な銘柄と
やり方が記載されているので、

読んだ後ソッコーで行動に移せます。

とても良本でしたので、
是非読んでみてくださいね(^_-)-☆

ちなみに、冒頭にも書いた通り、
この本はKindle Unlimitedでも読めます。

Kindle Unlimitedでは、
”最初の30日間、無料体験”を使えば、
この本なら完全無料で読めるので、

「とりあえず電子版でいいから、
無料で全部読んでみたい」
「気に入ったら書籍を買おうかな」
という方にオススメです。

それでは!