想像できない未来は、怖くない。

コラム

バンライフをしていたころ、
私はしょっちゅう「将来への不安」に
さいなまれていました。

収入は無いし、
どんどんお金は減っていくし…

日本一周が終わった後、
自分はいったいどうなっているんだろう?

と、いつも未来にビクビクしていました。

だから、そのころの私はよく夫に
「ねぇ、どんな将来にしたい?」
と質問していました。

というのも、
「日本一周のあと、こんなことをする」
という明確な目標がなければダメだと
思っていたからです。

 

ただ、夫はその質問に対してはいつも、
「んー…まだ、わからん。」
とだけ言いました。

最初、私はその答えに
「二人で人生を作っていくのに適当な…」
とイライラしていました。

でもそれから、
YouTubeをはじめて、
家を借りて、猫を飼って、
不動産事業を始めて…

夫婦でいろんな経験をしていくうちに、
どうして夫があの頃、
「未来のことはわからない」
と答えていたのか、

少しずつ理解できるようになりました。

夫はきっと、あの頃からずっと

「今の自分では想像もつかない
未来を生きたい!

と、考えていたのだと思います。

人生は予想外の方向に転がる

もう5年前になりますが、
私が新入社員として銀行に勤め始めたころ。

当時の私にとっては、「ここで出世する」
というのが最大の目標でした。

しかし、予想以上に苦しい日々に
耐えることができず、

わずか1年後に転職(笑)

次は、広告代理店で営業として、
新しい仕事をはじめました。

…ところがそのまた1年後、
次は夫(当時は彼氏)に、
「仕事やめて、ベトナム行くわ(笑)」
と告げられてしまい

「えぇっ!?
…じゃあ、結婚して一緒に行こう!」
ということで、私も急きょ仕事を辞めて
ベトナムへ。

…でもまたその1年後、
次は大喧嘩の末、日本に帰国。

夫婦そろって無職状態にw

そしてなぜか、そのあとは突然、
バンライフを始めることになり…(笑)

半年後には
YouTubeデビューを果たし、

さらに1年後には、
バンライフを終え、家に定住。

したとおもったら、
その2か月後、猫を保護して、
1カ月後には会社を設立する…

 

という人生を送って参りました。

 

…今こうして振り返ってみても、

なんだか、私の人生って
相当カオスだなぁ
と思ってしまいます(笑)

 

ただ、こういった人生をじゃあ、
はたして5年前、

銀行員をしていたときの私が
全部想像できていたか?と言えば、
全く想像していませんでした。

 

そもそも、あの時
想像できていた未来といえば、

「銀行で出世する」
という生き方だけでしたし…。

その未来と比べると、もはや
なにもかもが予想外の方向へ
動いてしまいましたね…(笑)

未来は想像できないのも、面白い

ところで話は戻りますが、
私はもともと冒頭でも書いた通り、

「想像できない未来なんて、怖い」
と思っていました。

だからこそバンライフ中、夫には
「ちゃんと未来の目標を立てて!」
と怒っていたのです。

 

でも実際に自分がこうして、
予想しなかった人生を生きてみると初めて、

想像ができない未来を生きるのは、
楽しいことなんだ…!

と思えるようになりました。

 

そして夫はきっと最初から、
「分からないからこそ
未来が楽しみ!」という、

超ポジティブマインドで
生きていたんだと思います(笑)

だから
「未来をどうしたい?」という質問も、
「わからない」と答えていたのです。

 

今も昔も、いつでも夫は、

自分の未来は、
「今の自分」が想像できる範囲なんか超えて、
もっとたのしいことが起きているはず!

と、信じて生きています。

 

そんな人が隣にいると、
なんだか自分の未来もきっと、

今は想像もできないことで、
楽しんでるんだろうなって

私まで前向きになります(笑)

 

だからこれからはもう、
前みたいに見えない未来を
怖がることはしません。

「分からない未来だからこそ、楽しみ」
と考えて、私も今を生きたいと思います。

 

それでは!