”自分の価値観”を、くつがえしてくれる夫に救われる。

コラム

もっと頑張らなきゃ…と焦っていた。

最近、YouTubeの更新頻度を週2回から、
週1回のペースに下げました。

外での撮影ができなくなったからです。

もちろん、更新を減らすことで
収入が減る怖さもありましたが、

無理してお家でできる企画を
むりやりたくさん考えて頑張るよりも、

できること、したいことだけ
コツコツやっていけばいいんだって、

当初は前向きに考えていました。

 

でもそうして
「できることだけ」を動画に撮って、
「週に1回だけ更新」を続けているうちに

いつしか、

ほぼ本業がYouTuberのくせに
なんか私、めっちゃ甘えてないか?

って不安になったんです。

毎日更新してる人もいるのに。
週に1回だけ更新だなんて…
私、大丈夫かなぁ?って。

このままチャンネルは、どんどん
伸びなくなっていくんじゃないのかなって。

 

そう思ってこの前、
夫にこの気持ちを相談してみました。

「ねぇ、だいきくん(夫)はいつも、
停滞は衰退のはじまりって言ってるでしょ?」

「うん。」

「だったら、
今私らのYouTubeは停滞中やから、
これからチャンネルは衰退していくのかな?」

と言うと、夫はポツリ、

「なんでそう思うん?」

と言いました。

「だって週1回しかアップしてないし、
企画も頑張ってひねり出すよりは、
”今できること”しかやってないし…。

チャンネルの新規登録者数も一時期より
めっちゃ少なくなってるから、
衰退がはじまってるのかなぁと思って。」

というと、

「別にずっと活動してるやん、
停滞してないよ。」

と論破されました。

そして続けて、

「なんで1週間に1回、
マイペースに頑張るのがアカンの?」

「チャンネル登録者数は急に伸ばす方が、
良いことなん?」

と聞かれました。

 

それを聞いて私はハッと、

自分が

  • 1週間に1回しか更新しないのは甘え
  • チャンネル登録者数は一気に伸ばすべき

という謎の価値観
持っていたことに気づきました。

そして、勝手にそれに縛られていたことも…

 

たしかに、
ゆっくりマイペースに頑張って、
コツコツチャンネル登録者を伸ばすことの、
何が悪いんだろう?
何が甘えなんだろう。

どうしてめちゃくちゃ努力して
頑張ることが、えらいと思ってるんだろう。

よく考えれば、違いました。

 

そうして、

別に今の私、
ダメじゃないじゃん。

と思えた時、
なんだか心の重荷がとれたのです。

新しい視点をくれる夫。

こんな感じで、私は今までもうちの夫に
「なんでそうじゃなきゃダメなの?」
と聞いてもらうことによって、

”自分の謎の価値観、固定概念”を
持っていることに気づき、
心が楽になったことが何度もあります。

「お金はたくさん、
稼がないと生きていけないね」
と私が嘆くと、

「なんで? 毎月15万円で十分なのに」
と夫は言います。

「嫌なヒトとても仲良くしなきゃ…」
と私が悩んでいると

「なんで?
しゃべりたくないなら、喋らなくていいやん」
と夫は不思議そうに言います。

「頑張って継続しなきゃだめだよね」
と私が相談すると、

「なんで? 辞めるのも勇気だよ。」
と夫は励まします。

 

よく巷では、

女性が男性に相談するときは
具体的なアドバイスが欲しいんじゃなくて、
ただ話を聞いてほしいだけ。

と言われたりしますよね。

確かに、求めてもいないのに
詳細なアドバイスをあれこれ
言われても嫌ですけれど(笑)、

私にとっては
「うんうん」と聞いてもらうだけよりも、

「なんで、そうじゃなきゃダメなの?」

と”新しい視点”を私に教えてくれる
夫の聞き方が、一番ありがたくって、

私の人生を豊かにしてくれている気がします。

 

多分、私はこれからも
自分では気づいていない「謎の価値観」で
またいろいろ悩むことがあると思います。

でもそんなとき、
夫に「なんで?」と聞いてもらうだけで、

案外、解決できたりするのです。

そんな人がパートナーとして隣にいてくれて、
良かったな、と思う今日この頃でした。

さようなら!