【YouTuberが解説】動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)のメリット・デメリット

YouTube運営
だいき
こんにちは、わたなべ夫婦のだいきです。

今回は、ユーチューブ向けの動画編集ソフト「Filmora(フィモーラ)」について解説します。

実際に使っているぼくたちが感じるメリット・デメリットを書いていきますので、ぜひ参考にしてください。

YouTube向けの動画編集ソフト「Filmora(フィモーラ)」

Filmoraは、ユーチューバーの動画編集ソフトとしておすすめです。

以前は「Filmoraは商用化ができないからYouTubeには不向きだ!」とも言われていたのですが、現在は異なります。Filmoraで作成した動画で、広告による収益化もタイアップ動画(企業案件)による収益化も問題なくできるようになっています。

個人プランかビジネス(商用)プランどちらにすべきか?

Filmoraには、個人プランとビジネス(商用)プランの2種類が用意されています。

「YouTube用にはどちらを使うべきか?」というのは、下記の公式サイトのFAQが参考になります。

YouTuberですが、どのプランを購入すればよいですか?

Youtubeチャンネルが法人やブランドに属する場合、もしくは(法人とのコラボを含む)法人提携の動画作成には、ビジネスプランをご利用ください。その他のYoutubeチャンネルの動画作成には広告収益の有無に関わらず、個人プランをご利用ください。

Filmora公式サイトより

つまり、普通に収益化して広告を貼るだけなら、実は個人プランでOKです。

商用プランが必要になるのは、タイアップ動画(企業案件)を作成する時のみということですね。

だいき
ちなみに、わたなべ夫婦は、タイアップ動画の作成も行うため「商用プラン」を利用しています。

なお、差額を支払うことで、個人プランから商用プランへの切り替えもできます。タイアップ動画の予定がなければ、まずは個人プランを購入して動画作成するのがいいかなと思います。

動画編集ソフト「Filmora」のメリット

つぎに、Filmoraのメリットについてです。

実際にユーチューブ用の動画編集をしていて使いやすいと感じている部分も含めてご紹介します。

Filmoraは値段が安い

Filmoraは、他の動画編集ソフトに比べて明らかに料金が安く、コストパフォーマンスに優れています。

他の主要な動画編集ソフトと料金を比較してみました。

Filmora 6,980円(年額)
Final Cut Pro X 36,800円(買い切り)
Adobe Premiere Pro 28,776円(年額)
Power Director 14,278円(買い切り)

ご覧のように、Filmoraが圧倒的に安いことが分かります。
買い切り型のライフタイムプランも8,980円と破格なので、1年以上続けるつもりならライフタイムプランを購入しておくのがおすすめですね。

操作が直感的なFilmora

Filmoraは、必要な操作が直感的で使いやすいのが特徴です。

もともと動画編集初心者だったぼくたちも、すぐに使いこなせるようになりました。

基本的にマウスの操作でOK

こちらはFilmoraの実際の画面ですが、左上の動画素材から下の作業スペースに引っ張ってきて、ポチポチとマウスを操作するだけで動画の編集が完了します。

テロップ(文字入れ)やBGMも、ドラッグ&ドロップで直感的に操作できます。

テンプレ機能が便利

また、テロップのテンプレも保存しておけるので、毎回文字の色や大きさ・位置を調整する手間がかかりません。

だいき
ぼくたちも、「ふたりのセリフ」「状況説明(中)」「状況説明(下)」などど、用途に応じてテンプレを作っています。便利ですよ!

無料版で使い勝手を試せる

「とはいえ、自分に使いこなせるか不安…」という方も大丈夫です。Filmoraでは、購入前に無料版で使い勝手を試すことができます

ただ、無料版では下記のような大きなウォーターマークが付いてしまうので、それをYouTubeにアップすることはできません。アップする際は製品版を購入しましょう。

無料版はこのようなウォーターマークが付く

ちなみに、製品版を購入すると、無料版でやりかけていた編集をそのまま引き継げるので無駄がありません。とりあえず、まずは無料体験版を触ってみるのがおすすめですね。

動画編集ソフト「Filmora」のデメリット


さいごに、Filmoraのデメリットについてもご紹介します。

Filmoraで高度な編集は期待しない方がいい

Filmoraは、あくまでも初心者~中級者向けの動画編集ソフトと言われています。
ですので、編集できる機能は必要なものに絞られています。

ただ、基本的にYouTubeで必要な編集方法はすべてできるので、特に問題ないのかなとは思います。

▼ぼくたちが普段Filmoraでしている主な編集
  • トリミング
  • テロップ(文字入れ)
  • ズーム(動画の一部を拡大)
  • BGM・効果音を入れる
  • 再生速度を上げる(遅くする)
だいき
ぼくたちもFilmoraで十分満足しているので問題なしです。あまり機能がごちゃごちゃしてても結局使わないですからね。

PCスペックには注意

デメリットとは少しずれるかもしれませんが、使用するPCのスペックには注意した方がいいです。

ぼくたちも以前は低スペックのPCで作業をしていましたが、下記のような問題がありました。

  • カクカクして編集どころではない
  • 動画が固まってプレビューが確認できない
  • わずか数分の動画のエクスポート(出力)に何時間もかかる

なので、思い切ってLG gram(15Z990-VA76J)というノートPCに買い変えたのですが、動作はかなりサクサクになって、快適に動画編集ができるようになりました!

ですので、Filmoraで快適に動画編集するためには、できれば下記のスペックはあった方がいいですね。

  • CPU:Intel Core i7
  • メモリ:8GB以上

もちろん、「Intel Core i5」でも「メモリ4GB」でも動作はしますが、やはりサクサク度は劣ります。

Filmoraに限らず、動画編集ソフトはそれなりにPCのスペックが要るので注意が必要です。

さいごに

今回は、動画編集ソフト「Filmora」のメリットとデメリットについて解説しました。

コスパも機能的にもちょうどよく、まさにユーチューブ向きの動画編集ソフトだと思うので、ぜひ検討してみてください。


関連記事