ETFか投資信託か、どっちで投資するか悩んだ話。

投資

先日、投資の本を読んだ後

「そろそろ私個人のお金も
投資しておこう!」

と急に思い立ちました、
嫁のゆみです(笑)

 

いままで家庭のお金管理は夫が
ぜーんぶ管理してくれてたので
私はノータッチでしたが(笑)、

聞けば家族のお金は毎月

に投資してくれているそうです。

これらはどちらも「投資信託」として
販売されているもので、

夫は二つとも
「良いサービスだよー」と言ってます。

なので最初は

「夫も良いと言ってるし、
私も自分のお金、
同じサービスに投資しようかな!」

と思っていました。

でも、いろんな本を読むうちに

「やっぱり投資信託じゃなくて、
ETFに挑戦してみようかな…?!」

と考えはじめちゃいまして…(笑)

それで昨日、実際のところ、
ETFか投資信託だったら
どっちが自分に合ってるのか
調べてみることにしたんです。

ETFと投資信託ってどっちが得?

そしてさっそく、
調べた結果をお伝えをすると、

結局、私には
投資信託の方が合ってました(笑)

というのも、ETFでは

  • 積み立てする機能が無い
  • 投資信託と国内ETFは、
    信託報酬がそんなに変わらない
  • かといって安い海外ETFは
    売買手数料がかかっちゃう上、
    外貨でしか買えない…

というデメリットが
イヤだなぁと思ったからです(^^;

積み立てできない

まず一つ目の理由から…。

今回、私は投資するなら
一気にドカーン!とたくさん買うよりも、

毎月コツコツ、
積み立てをしたいと思ってました。
(というかそんな大金無いww)

ところが残念なことに、ETFには
「自動積立」ができるシステムが
今のところ無いそうなのです…!

なので私のように
積み立てをしたいなら、

毎回自分で買い付けを
入れるしかないそう(笑)

しかも、イデコや積み立てNISAなんかも
利用できない場合がほとんどなんだとか…
(参考にしたサイトはコチラ

あと、ETFでは分配金を
再投資することも出来ません。

長期投資するなら、
これらの欠点はなかなかネックですねぇ…

信託報酬は別に特別安くない

次に、2つ目の理由は
信託報酬はそんなに安くないかも
という疑惑です…(笑)

 

というのもそもそも、
私が投資信託ではなく
ETFに興味を持った最大の理由は

投資信託よりもETFの方が
「信託報酬が安い」ということを
いろんな本で読んだからです。

しかーし!

調べてみると、ETFには

  • 国内ETF
  • 海外ETF

の2種類があるというじゃないですか!
(この2つは国内で上場しているか、
海外で上場しているかの違いです。)

そして信託報酬を見てみると、
国内ETFはだいたい0.10%くらいでした。

最初こそ、今使っているセゾン投信の
1%と比べると「安い!」と思いましたが、

よくよく調べてみたら
楽天証券などで買える投資信託も、
かなり安いことに気づきました(笑)

たとえば、
TOPIXのインデックスファンドで
それぞれ比べてみても

  • ダイワ上場投信トピックス(ETF)
    信託報酬0.11%
  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(投信)
    信託報酬0.154%

と、信託報酬は0.044%しか
差がありませんでした。

それってつまり、
100万円投資しても差額は440円
だけということです…。

しかもETFは前述のとおり、
積み立てNISAが使えない場合が
ほとんどなので、

仮に投資信託よりも信託報酬で得しても、

それ以上に税金で
持っていかれそうな気がしますね…

海外ETFはややこしい

ただ、そうして国内ETFの信託報酬が
投資信託とそんなに変わらない一方で、

海外ETFはなんと信託報酬が0.03%など、
驚異的な安さのものが多かったです。

「すげぇ、海外ETFにしよっと!」
と最初こそ思ったのですが、

これもよく調べてみると
「いや、やっぱりやめとくか…」
と思うデメリットがありました(笑)

それは、

  • 外貨でしか買えないので、
    為替リスクを負う
  • 売買手数料が毎回かかる

という点です。

まず外貨でしか買えないという点ですが、

当然ながら経済ど素人の私には、
「為替変動の未来」を予想する能力は
ありません(笑)

なので仮に世界経済が向上していて
チャートが上がっていたとしても、

20年後超円高になっていたら、
結局うま味が減っちゃうわけですが、

そんな未来のこと、
私には予想できません(笑)

なので私は為替リスクまで
考える必要がないよう、

シンプルに円建てのものを
買いたいと思っています。

【追記】2020.6.2

と、上記のように
考えていたのですが、

調べてみると
「円建てETF=為替リスクが無い」
は間違いでした。

円建てであっても、
ETFに組み入れられているのは
【各国通貨建ての国債や株】なので、

結局これらをただ証券会社が
円建てに換算しているだけにすぎません。

つまり、円建てETFでも
投資対象が海外株式や海外の国債なら
為替リスクは負っていると言えます。

また、国内ETFと違って海外ETFでは
ほとんどの銘柄で「売買手数料」が発生します。

なので、いくら信託報酬が安くても、
積み立てするときに
毎回手数料を払ってたら
オトクじゃなくなってきますよね(笑)

ということで、

海外ETFは私のような初心者で、
さらにコツコツ貯めたい派には
不向きだなぁという結論になりました…。

逆に、一気に大金を突っ込める方には、
向いてる手段かなぁと思いました。

まとめ

ということで、今日は
私がETFにするか、投資信託にするか、
その葛藤した様子を綴りました(笑)

その結果、

「積み立てをしたいから投資信託にする」

というのが今回の結論になりました!

 

ちなみに、投資信託にすると決めたものの、
まだ何に投資するかは決めかねているので、
また進展あったら書こうと思っています。

それでは!

▼追記:進展ありました!

20代主婦が、投資信託のポートフォリオを真剣に考えてみた結果…