【だれでも出来る】YouTubeで面白い動画を編集するコツは1つだけ!

YouTube運営

今日は初心者向けに、YouTube動画の「編集のコツ」をご紹介します!

【大前提】YouTube動画は「簡単編集」で良いのだ!!

まず大前提として、【YouTube動画には凝った編集は不要】だということをお伝えしておきます!

というのも、よくツイッターなどで「YouTubeを始めるために、まずは動画編集のやり方を学ぶぞー!」という人を見かけます。
「セミナーに行ってみよう!」とか「本を読むぞ!」だとか。すごく良い試みだとは思うのですが…実はYouTube動画を作るだけなら難しい知識は、一切いらないのです!

知識豊富で凝った編集だから、絶対伸びるワケじゃない。

なぜならYouTubeでは、「美しい撮影」「カッコいい編集」だから動画が伸びるという法則が無いからです。

そもそもYouTubeを見るとき、それが「お洒落かどうか」「編集が上手かどうか」なんて視点では一切見なくないですか? それより、もっとシンプルに、見ているのは単にその動画が「面白いか、面白くないか」だけですよね!

だから初心者のうちは「凝った見やすい動画を作る」より、「時間をかけずに簡単で面白い動画」を作る方がよっぽど大事なのです。

なんで時間をかけないほうがいいの?

でもそういうと、

おとこのこ
人気ユーチューバーには、5分の動画作成に10時間ほどかけている人が多いよ。 やっぱり面白い動画=凝った動画なんじゃないの?

と疑問に思われるかもしれませんね。

さきほど、私はあくまでも「初心者のうちは」と言いました。その理由は、動画編集をする理由が人気ユーチューバーと初心者ユーチューバーで違うからです。

【動画編集に時間をかける理由】
  • 人気ユーチューバー ⇒ どんな編集をすれば視聴者が喜ぶのか知っているから時間をかける
  • 初心者ユーチューバー ⇒ 自分自身が納得する動画に仕上げたいから時間をかける 

つまり初心者なのに、一気に【伸びる動画】を狙って長時間かけて作っても結局、「どんな動画が視聴者に喜ばれるのか知らない」から無駄になっちゃうことが多いのです。

YouTube動画編集のコツ!それは「トリミング」です。

ということで、繰り返しますが、まずは「簡単で面白い動画が作れるようになること」を一番に意識しましょう! 「面白い動画を作る」うえで、一番大切な「動画編集の技術」があります。

それは、「動画を切り貼りする(トリミング)」技術、たったこの一つです!

「なんだ、トリミングかよ。知ってるわ。」といって、戻らないで!(笑)
ぶっちゃけ、このトリミングのうまさこそが、「完成した動画の面白さ」を左右するといっても、過言ではありません。

【超重要】テンポ感を意識する

ずばりそのコツとは、「テンポ感を重視する」ということです。

最近のわたしたちは、たいてい、少しの暇さえあればスマホをいじりますよね。その習慣のせいで、現代人のほとんどは「ほんの数分も我慢できない」ほど「時間にシビア」な人ばかりになったのです。これ、重要なポイントです。

つまり、「ほんの数秒でも飽きさせないテンポ感」というのが、かなり重要になることが分かります。

最近、流行っている「仮メンタリストえる」さんなんか、そのポイントが顕著に出てます。

超テンポ感いいですよね(笑)

ちなみにこれは、ターゲットが若者であればあるほど、より重要になります。

とはいえ「早いから良い」ということは無い。

ただし、難しいことを言いますが、「じゃあ早ければ早いほどいいのか」というと、そうではないんですね。ほんと、YouTube動画って作るのが難しい(笑)

例えば、inlivingさんの動画。

見ていただければお分かりいただけると思いますが、先ほどのエルさんと打って変わって、「ゆったり」してます。でも面白いのが「ゆったりしつつも、飽きさせない」編集に仕上がっているという点。(マジでプロの仕業)

正しい「テンポ感」の見極めかた。

つまり、【その動画がどんなジャンルの動画であるのか?によって、必要なテンポ感は異なる】のです。

だから、わたしが今ここで、あなたのチャンネルにあったテンポ感はこれです!という正解を導くことは出来ません。

残念ながら、「あなたのチャンネルにあった、正しいテンポ感」というのは、わたしたち自身が、何度も動画を作っては考え、繰り返し繰り返し経験を積む以外、知るすべはありません。

ただ、「正しいテンポ感」にできているか、チェックする方法があります。
それは、テロップやBGM無しで、出来上がった動画を見てみることです。

テンポ感が正しければ、そういった凝った編集無しで見ても、十分、面白い動画が出来上がっているはずです。

そして、そのあと初めて+αの編集を加えていくのです。

これが、動画編集のコツです!

初心者に伝えたい、+αの編集について

チャンネルにあった、正しいテンポ感が分かったら、あとは+αでちょっとした編集を加えましょう! といっても、簡単なもので大丈夫!

余計なテロップ不要

「YouTube動画には、テロップを入れましょう!」という人は多いですが、正直、わたしはそう思いません。

そもそも、すべてのセリフにテロップを入れるだけで、超時間かかりますし、これは経験上分かったことなのですが、テロップを入れようが入れまいが、その努力は別に動画の再生回数に比例しません(笑)

なので最初は「入れたら面白いな」と思うテロップだけにとどめる方がオススメです!

BGMはあった方が良い

あとは、どんな動画であれ、BGMはあった方が動画が締まりますね。(ただし、ASMRとか、日常をのぞき見するようなvlogといった「音を重視する動画」は除く)

BGMは無料で全然十分です。私がよく使うのは、下記の音楽たち。

YouTubeスタジオ以外は、たいてい「ライセンスの記載」が必要なので、もし使うことがあればその点だけ注意してくださいね。

【おまけ】オススメの編集ソフトはFilmora!

ちなみに、わたしたちも使っている、オススメの動画編集ソフトはFilmoraです。

とにかく操作が直感的で、トリミングもしやすく、テロップやBGMも超簡単に入れられるので、オススメですよ。

【YouTuberが解説】動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)のメリット・デメリット

2019年10月9日

あとは「他人の関連動画」に乗る戦略をするだけ!

ここまで出来たら、初期と比べ、動画がぐっと良くなっているはずです! 良い動画が出来上がったら、あとはどんどん見てもらいましょう!

動画を見てもらうコツは、下記からどうぞ。全3回に分けて、ご紹介しています。

▼【第1回目】再生回数を伸ばす2つのポイント

【超簡単】YouTubeの再生回数を伸ばす、2つのポイントとは?

2019年9月5日
▼【第2回目】関連動画に載せるコツ

【YouTube裏ワザ】他人の「関連動画」に乗れば、再生回数は伸びる!

2019年9月6日
▼【第3回目】「YouTubeサムネ、タイトル」の付け方

【内緒にしたい】絶対伸びる「YouTubeサムネ、タイトル」の付け方!

2019年9月22日

まとめ

本日は初心者向けに、「動画編集のコツ」をご紹介しました! まとめます。

まとめ
  • 初心者は、YouTube動画を作るとき、「簡単に作ること」が大切
  • 何故なら、「どんな動画が視聴者に気に入られるか」をまだ知らないから
  • 「面白い動画」かどうか、それを左右するのは「トリミング」の技術が大部分を占める
  • 面白い動画は、テンポ感が良い。
  • しかし、そのテンポ感というのは、動画の種類によって異なる。
  • よって、「自分のチャンネルのテンポ感」というのは、トライ&エラーを繰り返して知るものだ。
  • +α、動画編集をしたほうがいいものの、それらも簡単なものでOK。

関連記事