【初心者向け】はじめての不動産投資で、おすすめの本はこれ!失敗しないために読んでおこう

投資


本日は、
はじめての不動産投資で失敗しないために、
読んでおくべき本をご紹介します!

まず結論から言うと、
オススメは次の本1冊です。

  • Excelでできる不動産投資「収益計算」のすべて

 

この記事では
「この本で学べること」はもちろん、

  • さらに、超初心者むけの本もご紹介
  • 初心者が不動産投資について
    勉強をするとき、ぜったい注意すべきこと

を書いていこうと思います!

どうして、この本がそんなにオススメなの?

さっそくですが、この本は

不動産投資で失敗するリスクを
減らすための1冊
なので、

ぜひ初心者のかたには
手にとっていただきたいと思っています。

というのも、この本はタイトルの通り、
「物件の収益計算をできるようになろう!」
という内容の本です。

なので、これを読むことによって、
私たちは自分で物件の収益を
計算できるようになります。

そして実は、
”自分で計算できるようになる”ことこそが、
不動産投資での「失敗を減らすもと」なのです…!

そもそも、投資で成功する秘訣は
「理解できないものに投資しないこと」

これは有名な投資家バフェットのやり方です。

投資で失敗する人の多くは、
「良く分からないけど、
儲かりそうだから投資したったww」
というかたがほとんど(笑)

逆に投資で成功するひとは
自分がきちんと理解しているものにしか
投資しません。

だったら不動産投資でも、
成功したいなら、自分が投資する物件が
「将来、どれだけ稼いでくれるのか」
くらいは理解しておく必要がありますよね。

 

…というか、それすら理解できていなければ
営業マンにとんでもない物件を
売られてしまいます(悲)

ちゃんと、自分で計算して、
自分で投資するか判断すること。

これが大事。

 

なので、これから不動産投資を行うなら、
ぜひ、1棟目を買うまえからしっかりと
自分で計算できる能力を身につけておきましょう!

そのための1冊となります。

この本で学べること

さて、この本では

  • 実際に物件を買うときに、
    どんな費用が具体的に必要なのか
  • 運営費はどのくらいかかるのか
  • 売却するときの費用は?
ということをしっかりと学ぶことができます。

そして最終的には自分でこれらを
シミュレーションできるようになります!

さらに

  • 税金込みでシミュレーションする大切さ
  • 法人、個人、どちらが有利か
といったことまで
理解できるようになります。

また、この本をしっかり読みこめば、
不動産投資に対する計算だけでなく

  • IRRとはなにか
  • なぜ低金利の今、不動産投資が良いのか
  • どうなったら不動産投資から撤退すべきか
といった

「投資家としての考え方」も学ぶことができる
ことがこの本の、素晴らしい点です!

 

ここまで理解が進めば、

「この不動産に投資すべきなのか」
「むしろこの程度のもうけなら、
不動産ではない、ほかの商品の方が良いか?」

と不動産と、その他の金融商品まで
比べることができるようになります。

 

この本では難しいことも
とても簡単に説明してくれているので、

「計算ニガテ…難しいのかな」
と不安に思ったかたでも大丈夫ですよ。

ぜひ、なんどもなんども読み返して
すべて吸収してくださいね。

超初心者はこの本の前にもう一冊!

といっても、注意点があります。

それは、この本は確かにむずかしいことも
わかりやすく書かれた一冊ではありますが、

「不動産投資について
本当に全く何も知らないんだよね~!」

という方には少し、
むずかしい本だということです…。

というのも、この本には
「どういう流れで物件を買うか」といった、

不動産投資の全体の流れがわかる
体験談は全く紹介されていないのです。

そのため、不動産投資について
超初心者のかたはまず、

この本の前に下記の本のいずれかで

「不動産投資って、こうして買って、
こうして儲けるんだ~!」

という大枠をつかむことから
始めることをオススメします。

そのときにオススメの本は次の3冊!
(上から、簡単にサクッと読める順にしてます)

 

この中で特に私のオススメは、
2番目のふんどし王子さん著書の
「高卒製造業のワタシが31歳で
家賃年収1750万円になった方法!」
です。

なんといっても、こういう
「不動産投資で儲けたノウハウ本」の多くは、

「私のやり方が正解ですよ!(ドヤッ)」
とたった一つの手法を紹介する本が多い中、

ふんどし王子さんの本は
一つのやり方に固執(こしつ)せず

たくさんの本から学び、そして
いろんなやり方を実践しておられるのが
とても良いところです。

読んでいてとてもワクワクしますし、

不動産投資の流れはこれ一冊で
十分理解できる
と思います。

もちろん、他2冊も「ドヤッ!」と
していない、丁寧なものを選びました(笑)

どれも読みやすくてオススメです♪

 

といっても、

この3冊だけを読んだあと、
気持ちが高まっていきなり物件を
買ったりしないようにしましょう(笑)

ちゃんと計算できるようになってから!
が大切ですw

初心者のうちに注意したいこと

さて最後に、初心者のかたに
「勉強中、ここだけは気をつけるべき」
というポイントをお伝えしたいと思います。

それは

初めて読んだ本のやり方を
「すべて」
だと思ってしまわないこと

に注意してください。

たとえば上記の3冊のような
「ノウハウ系」の本では、

前述の通り、不動産投資について
特定のやり方を紹介する本が多くあります。

  • 田舎のボロ戸建てを再生するのが
    いちばん、儲かる!
  • いや、ボロ戸建てなんてダメ。
    ぜったい物件は価値の高い中古RCが良い
  • いやいや、RCなんぞ修繕費が高い。
    建物は木造が最高!
  • ハハハ、建物なんてどうでもいい!
    今は区分マンションが一番ですよ。

…などなど(笑)

注意すべきは、

とある手法たった一つが
正解のやり方だと思って、

取りつかれないようにしましょう。

あくまでも、そのやり方は
数多くある不動産投資のなかの、
たったひとつのやり方に過ぎません。

RC一棟がいいんだ!
ボロ戸建てがいいんだ!

と思っても盲点なのは
それぞれにメリット、デメリットがある
ということです。

 

さらに建物の良し悪しだけでなく、
何を求めて不動産投資をするかによっても、
注目すべきポイントは変わります。

たとえば、とある本で(名前は伏せますw)

「億のマンションをローンで組んで、
キャッシュが月数万円しかないなんて、
投資として、どうかしてるぜ。

私は現金で買って、
毎月のキャッシュフローは100万円!

これが勝ちなのだ!」

的なことを書かれていた本がありました。

しかしはっきりいって、
「これが勝ち」とは言えるのかは
実は疑問です…(苦笑)

なぜなら、あくまでもこの作者は
「キャッシュフローだけ」を
重視しているからです。(PL目線)

でも、この話を資産的な立場(BS)から
考えてみたらどうでしょう。

前者の場合、たしかに
キャッシュフローは少ないです。

でも、現金でコツコツ不動産を
増やしているその作者より、

倍以上のスピードで資産を手に入れている

ということも事実です。

なので一概に「そんなやり方プギャー!ww」
とバカには出来ないはずですよね(笑)

物件のそれぞれのメリット、デメリットを知るには

さて、ここまでの話では
「お金のながれ??資産??」

と、すこし初心者の方には
難しかったかもしれません。

でも、これも本を読めば、
スッキリ理解することができますよ。

もう一度まとめると、このように

物件それぞれに
メリット、デメリットがあって


自分はどういう物件を買って、
何を重視して運営していくのか

によって、選ぶ物件は違うということです。

もし将来、あなたも
ここまで詳しく理解できるようになりたい!
と思ったら。

更にピッタリな本があります。

超マニアックな本ですが、
紹介しておきますね(笑)

さて、この本なにがマニアックかと言うと

単純に
内容が細かすぎるという点です(笑)

そんなことまで
シミュレーションしてる人、いるの?

とか

この用語、不動産売買で使うこと
一生ないやろ!w

と突っ込まずには読んでいられません(笑)

とはいえ、
「どのような物件を組み合わせて買うか」
という考え方にはとても役に立ちましたので、
その点はとてもオススメできます。

もし買った場合は、
よければ下記の流れで読み進めてください。

オススメの読みかた

  • 序章を読む
  • 次に第2節を飛ばして、
    第3節(p235)から読む

第2節を先に読んでも、用語がたくさんで
まったくついていけません。

先に第3節で、用語について学びます。

第3節は、細かい「投資家の考え方」が
たくさん書かれていますが、
100%理解しようとしなくて大丈夫です。

用語に馴染むぞー!くらいでOK

  • 第4節(p352)を読む

この本で一番、作者が伝えたいところが
この第4節です。

ここをしっかり理解しましょう!

  • それから最後に第2節を読む

ここまで理解して、初めて第2節を読んだ時
頭に入ってくるようになります(笑)

ご参考にどうぞ。

まとめ

ということで、本日は不動産投資に
オススメの本をご紹介しました!

もう一度まとめると、

「不動産投資について全く何も知らない」
という方は、下記の流れがオススメです。

①まずはふんどし王子さんの本などを
読んで、大枠をつかむ。

②玉川さんの本で自分で、
計算する力を身につける。

③物件のポートフォリオに興味があれば、
猪俣さんの本も読んでみる。
運営していくにあたっては、
目を通していて損はありません。

以上です。

おつかれさまでした!

関連記事