【解説】Audacityでポッドキャストの音声を聞きやすく編集する方法!

メディア

今回は、Audacityでの
音声編集方法について解説します。

私がポッドキャスト配信用に活用
しているやり方をご紹介しますので、

同じくポッドキャストなど、
音声配信のための編集方法を
探している方はぜひ参考にしてください。

わたなべ夫婦のポッドキャストは下記URLからどうぞ!
Apple Podcast, Google Podcast, Spotify, Himalaya, Castbox


Audacityでのポッドキャスト編集方法

さっそくですが、私がAudacityで
編集しているポイントはこちらです。

  • トリミング
    →余計な話や、無言のところをカットして、話を聞きやすくする。
  • リミッター
    →音が大きすぎる部分を小さくする。
  • コンプレッサー
    →音量の大小の差を小さくしたうえで、全体的に音量も上げる。
  • イコライゼーション
    →声に必要ない低域(80Hz以下)をカットし、ノイズを取り除く。
  • ゲイン
    →ジングル(音楽)と声のバランス調整をする
それぞれざっくりと
解説していきます!
今回は、何度も試行錯誤をして「こうすれば割とうまくいった!」という結果と考え方をご紹介しています。私は、音声編集の原理についてまではよくわかっていませんので、そのあたりの解説は期待しないようにお願いします…(ただ、この記事をヒントに皆さんご自身で設定をいじってみると、うまくいくんじゃないかと思っています!)

トリミング

トリミングで、不要な部分の
音声をカットします。

削るべきは、主に以下です。

  • 必要以上に無音の部分(長すぎる間)
  • 「えー」や「あのー」などの意味のない言葉(目立つ部分を削る)
  • 後から聞き返して「意味が無い」「重複していてくどい」と感じる内容
要するに、リスナーにとって
無駄な所をカットしましょう

ということです!

カットしたい部分を選択して

Deleteでカット

ちなみにトリミングは、
あまりガチガチにやりすぎない
のもポイントです。

カットの際は、息遣いが不自然に
途切れないように注意し、

ながら聞きでも追いつける
くらいの間を残しておきましょう。

リミッター

リミッターは、大きすぎる音を
強制的に小さくしてくれる機能です。

音声全体ではなく、
大きい音だけ小さくしてくれる
ということがポイントですね。

つまり「グラウンドを”とんぼ”でならす」
ようなイメージです。

音声の波形に大小の差があると、
後でやる編集の効果がうまく
出ないんですよね。

エフェクトからLimiterを選択

[Limit to]を調整する

こんな感じで、
[Limit to]の値をいじって、
音を小さくする幅を調整します。

感覚的には、-2から-3dB
くらいでいいかなと思います。

編集前の波形

編集後の波形

このように、
飛び出した波形だけが
小さくなりました。

コンプレッサー

コンプレッサーでは、
波形上の大きな音の部分を下げ、
反対に小さな音の部分を上げて、
全体をできるだけ同じ大きさの音にする

という効果があります。

これによって、
音量差をなくし、かつ
全体的に音量を上げる
ことができます。

エフェクトからコンプレッサーを選択

コンプレッサー設定画面

具体的な設定内容ですが、

色々試した結果、
こちらのやり方に
落ち着きました。

【コンプレッサー設定内容】

  • 閾値:-6dBから-22dBで調整
  • ノイズフロア:-30dB
  • レシオ:2:1から4:1で調整
  • アタックタイム:0.10秒
  • リリースタイム:1.0秒
  • 「圧縮の後0dBになるようにゲインを調整する」にチェック
  • 「ピークに基づく圧縮」にチェック
調整すべきは、太字で書いた
閾値とレシオです。

これらはおそらく、
録音した音声によって最適な
値が違うと思うので、

皆さんも各自、
設定内容をいろいろと
試してみてください。

コンプレッサー前

コンプレッサー後

このように、
コンプレッサーを
かけることによって、

音割れを防ぎつつ、
全体的に音量をアップする
ことができました!

イコライゼーション

イコライゼーションによって、
音色や声の調子を変える
ことができます。

エフェクトからイコライゼーションを選択

[Low rolloff for speech]を選択

Low rolloff for speech
はデフォルトで登録されているので、

それを選んで設定する
だけでOKです。

これにより、音声に必要のない
低音域(80Hz以下)がカットされ、

ノイズの低下が期待できます。
(といいつつ、耳で聞いても
あんまり効果はわかりませんが…汗)

ちなみに、声のこもりを解消したり、はっきりとした声にするために、中音域を抑えたり、高音域を上げたりするやり方もあります。ただ、私も試してみましたが、あまりベストな設定が見つかりませんでした…。ですので、今は変にイコライゼーションせず、低音域だけカットするようにしています。

ゲイン調整

最後に、音声と音楽(ジングル)
の音量を調整して終わりです。

ジングルのゲインを下げる

声に比べて音楽は大きいことが
多いですので、

この音楽のゲインを下げて
音量をそろえていきます。

音楽の音量が大きすぎる
ポッドキャストは意外と
多いですので、

ぜひここも忘れず確認してくださいね!

聞きやすい音声配信のための、話し方や音質改善のコツ【ポッドキャスト・ラジオ】

ユーチューバーが、いまラジオを始める理由【ポッドキャスト始めます!】